是枝監督最新作で綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの豪華4姉妹実現

主要キャスト

女優の綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが是枝裕和監督によって実写映画化される「海街diary」で姉妹役を演じることがわかった。



吉田秋生による原作「海街diary」(小学館「月刊フラワーズ」連載中)は、2006年8月号よりシリーズ連載され現在既刊5巻。第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013を受賞した大人気ベストセラー・コミックス。鎌倉の祖母の残した家で暮らしていた3姉妹のもとに、幼いころに別れたきりだった父が残した“異母妹”を迎えることになり…。海の見える街に暮らす姉妹たちの織り成す清新でリアルな家族の絆の物語。

看護師の長女・香田 幸を演じる綾瀬は「本格的な撮影は夏からですが、先日少しだけ撮影しました。早朝ということもあり、私にとっては静かにはじまった作品ですが、監督やスタッフのみなさん、共演者のみなさんと、海街鎌倉に暮らす姉妹たちの息吹きを感じる様な物語をお届けしたいと、新たな挑戦に心は燃えています」とコメント。
次女・香田佳乃役の長澤は「是枝監督の力、人間力には特別なものを感じ、魅了されます。4姉妹が、生き生きとエモーショナルに映画の中で存在出来るよう演じられたらと思っています」と期待を込める。

四女で幸たちの異母妹を演じる広瀬すずは、役名が名前と同じ浅野すず。「役名を聞いて、『すず』が一気に近い存在になりました」といい、「私自身とてもプレッシャーや不安はありますが、全力を出して素敵な作品にしたい、と強く思っています。『海街diary』が『すず』がたくさんの方に愛されるよう、皆さんに支えてもらいながら頑張ります!」と意気込んでいる。

2007年に初めて「海街diary」の一巻を読んだときから、この作品を映像化したいと考えていたという是枝監督。4姉妹のキャスティングについては「まず『今、誰を撮りたいか』を最優先に考えた」と語る是枝監督は「理想的な4姉妹が出来上がったと思っています」と断言する。「綾瀬さん演じる長女と長澤さん演じる次女の姉妹喧嘩や、かけ合いが本作の基調となるリズムをつくっていくと考えています。このお二人のやり取りは、『いつまでも見ていたい』そう思わせるものがありました」と早くも手応えを感じているようだ。

公開は2015年初夏を予定。


(C)吉田秋生/小学館



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top