トム・クルーズが20回目の来日 関西空港でファンサービス

07

7月4日(金)に3D/2D同時公開を迎える映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に主演している米俳優のトム・クルーズが25日、来日した。


親日家としても知られるトム・クルーズの来日は昨年5月の『オブリビオン』のプロモーション以来1年1ヶ月ぶり、20回目。今回は初めての関西空港からの入国となった。

空港ではトムを一目見ようと、500人強のファンが集まり、報道陣も関空に駆け付けた。一番早いファンは3日前に関空から羽田空港へ行き、大阪入国と知って、昨日、羽田から関空に戻ってきてそのまま関空で待機していたという20歳代女性。中学生時代からのトムのファンだという彼女は、「今日はトムとハグもできたし、キスもしてもらったし、サインも貰ったし、もう優しすぎ!ヤバーイ!!」と興奮を抑えきれない様子だった。

サービス精神溢れるトムは空港で50分間たっぷりファンと触れ合い、来日について「待ちきれなかった、とてもワクワクしていたよ!」と満面の笑みでコメント。
明日26日に大阪の名所で行われるイベントに対しても、「ファンの皆さんの暖かいウェルカムを楽しみにしています。アリガトウ!」と語った。

トム・クルーズは26日に大阪、福岡、東京を1日で回る“ループ・キャンペーン”を行う。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top