トム・クルーズ、主演映画ジャパンプレミアでファンからの「ハッピーバースデー」に感激

140626aynik23

ハリウッド・スターのトム・クルーズが26日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた主演映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のジャパン・プレミアに登場した。



トム・クルーズはこの日、大阪、福岡、東京の3都市を1日で回るキャンペーンツアーを実施。最終地となった東京では1500人のファンの前に登場すると「アイ・ラブ・ユー、アイ・ラブ・トーキョー」と第一声。会場は黄色い声援に包まれた。
ダグ・ライマン監督とプロデューサーのアーウィン・ストフ氏とともにステージに上がったトム。総移動距離1368kmというハードワークにもまったく疲れを見せず、集まったファンにステージ上から笑顔で手を振り続けた。

140626aynik10日本の同名SF小説を映画化した本作。親日家として知られるトム・クルーズは「原作が日本の小説ですから、ここに来てこの映画を見せる、この瞬間のことをずっと考えていました。僕にとって本当にスペシャルな時間。言葉では言い尽くせないくらい感動しています。この瞬間を待っていました」と、作品と日本に対する特別な思いを語った。

その原作者である桜坂洋氏は、イベント中にステージに招き入れられると、このような大きなスケールで映画化されたことについて「夢のよう」と話し、「まず、トムの横に(通訳の)戸田さん以外の日本人がいるこの状況が珍しい」と感激しきりだった。

また、ダグ・ライマン監督は「桜坂さんが私たちを信用してくれて、ハリウッドの我々に任せてくれてありがたく思います」と桜坂氏への感謝を述べ、「(桜坂氏に)完成した映画を気に入ってもらえて嬉しかった。そしてそれに勝る感動は日本の皆さんにこの映画をこれから観ていただけることです」と、日本での公開を喜んだ。

イベントの最後には7月3日に誕生日を迎えるトムへ、会場に集まったファン全員でバースデーソングを合唱。思わぬサプライズにトムは驚きながらも「ありがとう。今年初めてのバースデープレゼントです」と満面の笑みだった。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は6月28日(土)、29日(日)先行上映。7月4日(金)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top