石田純一、南明奈のドライビングテクニックに「完敗です」

140701vpower29

俳優の石田純一とタレントの南明奈が1日、都内で行われた「Shell V-Power」PR発表会に出席した。



「Shell V-Power」は昭和シェル石油株式会社が12年ぶりに新発売するハイオクガソリン。クルマ本来の性能を引き出す革新的なプレミアムガソリンとして、すでに世界66カ国で展開している。

若い頃からフェラーリ愛好家で、以前は“マラネロ”を所有し、現在は“カリフォルニア”に乗っている石田は、ガソリンの違いについて「僕らアマチュアレベルでもわかるくらい全然違います。耐久性にも影響してくるし、市街地の走行でも気持よく走ってくれる」と燃料の大切さをアピール。
一方、クルマとカートが趣味の南はプライベートでもカートレースに参戦した経験を持ち、国際A級ライセンスも取得済み。
過去に石田とフェラーリの特集番組で共演した際に石田の“カリフォルニア”の運転席に座らせてもらったといい、「すごい感動しました。座るだけでも幸せ」と、うっとり。「いつかは運転したいな」と目を輝かせていた。

140701vpower19イベントでは、PlayStation®3のカーレースゲーム「グランツーリスモ6」にて開催される「Shell V-Power EXCITING CHAMPIONSHIP」(7月下旬以降スタート予定)にさきがけ、2人がエキシビジョンマッチを実施。「グランツーリスモ6」でガチンコ対決を繰り広げた。

最初のコーナーで視点の切り替え操作ミスによってクラッシュしてしまった石田は、その後も南との差を詰められず敗北。「全然敵わない。真っ直ぐ走るだけでも大変でした。完敗です」と白旗をあげ、勝利した南は「うまくいかなくて悔しい。でも嬉しいです」と笑顔を見せた。
勝者となった南には、昭和シェル石油より「Shell V-Power」ガソリン1年分を贈呈。南は「カートの練習しますか」と喜び、石田は「ますます強くなっちゃうね」と勝者を称えた。

イベントには石田と南のほか、元レーシングドライバーの土屋圭市氏も出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top