渡辺麻友、中川翔子ら浴衣で舞台挨拶 短冊にヒット祈願

140706pokemon37

映画『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」同時上映「ピカチュウ、これなんのカギ?」』の完成披露舞台挨拶が6日、都内で行われ、声優陣が揃って浴衣姿で登壇した。


8年連続ゲスト声優出演となる中川翔子は「夢のようです。ポケモンに出会った頃はまだサトシと同い年だった私がすっかりなんと20代ラストイヤー。ポケモンのおかげで大人にさせていただきました」と挨拶。
先日、フランス・パリで開催されたジャパン・エキスポに出演した中川は「海外でも世界中でポケモンが愛されて、ポケモンのおかげでみんなが笑顔になれて、言葉も世代も飛び越えてみんなが笑顔と愛で繋がれる」と感慨深げに語った。

140706pokemon13短編のナレーションを担当した渡辺麻友は子どもたちでいっぱいの会場を見渡すと、前日5日、41日ぶりに再開されたAKB48の握手会で「小さい男の子がポケモンのTシャツを着て遊びに来てくれて、『夏休みにポケモンの映画見に行くね』って言ってくれて、すごく嬉しかった」と、満面の笑み。
「ポケモン映画がこの夏一番の映画になりますように。」と願いを込めた短冊を見せると、同席した声優の山寺宏一から「まゆゆが“一番”っていうと説得力がすごいですね」と言われ照れ笑いを浮かべていた。
舞台挨拶後に行われた囲み取材では、記者から「やっぱり一番にはこだわりがありますか?」と問われ、「私事ではあるんですけど、こないだの選抜総選挙で念願の1位をとることができて本当に嬉しかったですし、このポケモン映画にも1番になってほしい。観た方にもこの夏一番の思い出になったらいいなと思います」と思いを語った。

舞台挨拶には中川、渡辺をはじめ、声優を務めた三田佳子、山寺宏一、足立梨花、中川家、松本梨香、そして湯山邦彦監督が出席。
さらに主題歌を担当したガールズバンド・SCANDALも登場し、主題歌「夜明けの流星群」を披露した。

映画『ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」同時上映「ピカチュウ、これなんのカギ?」』は7月19日全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top