広末涼子NHK初の主演ドラマ主題歌にJUJU新曲

juju

JUJUの新曲「ラストシーン」(9月17日発売)が広末涼子NHK初主演ドラマ「聖女」の主題歌に起用されることが決定した。JUJUがNHKのドラマ主題歌を担当するのはこれが初めて。


ドラマは女性から圧倒的人気を誇る脚本家・大森美香が人間の心の闇と究極の愛を描く、禁断のラブ・サスペンス。広末涼子演じる主人公は連続殺人の容疑者で、悪女役に初挑戦ということでドラマの放送前から既に話題を呼んでいる。

JUJUの主題歌起用に主演の広末は「『聖女』を演じるにあたって、強く背中を押してくれる緊張感と迫力ある曲調に、JUJUさんの透き通るような声が切なさとはかなさを感じさせてくれ、役はもちろんドラマ全体のイメージが大きく広がりました。極上のラヴサスペンスにふさわしい最高最強な曲だと思います」と太鼓判。

JUJUは「この度初めてNHKのドラマの主題歌を歌わせていただくことになり、とても嬉しく思っております!そして主人公である広末涼子さんがNHKでの主演が初だとお聞きして、初づくしだとひとりでワクワクしております!!」と喜びを噛み締め、「ドキドキするドラマの展開と、そして悪女な広末涼子さんがきっと素敵過ぎるであろうことも、とてもとても楽しみです!!!」と、ドラマに期待を寄せている。

ドラマは8月19日(火)夜10時スタート。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top