橋本愛主演「リトル・フォレスト 夏・秋」サン・セバスチャン国際映画祭出品決定

女優の橋本愛が主演する映画「リトル・フォレスト 夏・秋」(8月30日公開)が、第62回サン・セバスチャン国際映画祭の「キュリナリー・シネマ」部門に正式出品されることが決定した。


五十嵐大介の同名人気コミックを原作にした本作は、都会で自分の居場所を見つけることのできなかった主人公・いち子が、故郷の山村”小森”に帰り、様々な恵みを与える一方で厳しさも見せる大自然の中で、自給自足の生活をしながら、生きる力を充電していく物語で、旬の食材を生かした日々の食事・料理とともに描かれる。

今回本作の出品が決定した「キュリナリー・シネマ」部門は、4年前の第59回から新設された部門となり、食にまつわる良作を上映するということで、世界中の美食家や映画関係者からも注目されている。

主演の橋本愛は「この作品は、ロケ地岩手の景色を切り取った一つ一つの映像の美しさが、大きな魅力だと思っています。海外の方にも、日本の美しさを堪能していただける機会に恵まれたことをとても嬉しく思います」と海外映画祭出品に喜びのコメント。
この映画で本格的な農作業を体験し、自分の育てた野菜を使って料理をするという撮影を1年間にわたって行った橋本は、食べ物の好き嫌いが少なくなったという。「私自身撮影を通して食についての考え方が変わったように、観てくださった方々がそれぞれ何かを感じ取ってくだされば幸いです」と本作への思いを語った。

サン・セバスチャン国際映画祭

開催日程:2014年9月19日(金)〜27日(土)
スペイン語圏最大の映画祭で、ヨーロッパではカンヌ、ベルリン、ヴェネチアに次ぐ重要な映画祭として、世界各国からの良質な映画を上映し続けている。
昨年、日本からは「風立ちぬ」(宮崎駿監督)、「そして父になる」(是枝裕和監督)、「武士の献立」(朝原雄三監督)、「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」(寺本幸代監督)等が上映された。
また大島渚監督が亡くなってから初の大々的な特集として全作品上映が行われた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top