第27回東京国際映画祭オープニング&クロージング作品決定

今年10月に開催される第27回東京国際映画祭のオープニング作品及びクロージング作品が決定した。


本年アニメーションに注力する東京国際映画祭のオープニングを飾るのは、『ベイマックス』。『アナと雪の女王』で歴史を塗り替えたディズニー・アニメーション・スタジオが贈る、待望の最新作となる感動アドベンチャー。
日本文化から多くのインスピレーションを得て完成した本作は、このオープニング上映が“世界最速”。ディズニー・アニメーション史上初の日本でのワールド・プレミアとなる。

クロージング作品は、山崎貴監督の『寄生獣』。累計発行部数1100万部を突破する、日本マンガの金字塔にして世界中に熱狂的ファンを持つ同名コミックを実写化した話題作。本作品も上記同様、“世界最速”ワールドプレミア上映となる。

今年の東京国際映画祭は、六本木をメイン会場としながら新たに「TOHOシネマズ日本橋」「歌舞伎座」にもエリアを拡大。さらに日本が誇るアニメーションにより注力していく。

『ベイマックス』ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ監督コメント

©2014 Disney. All Rights Reserved.

©2014 Disney. All Rights Reserved.

東京国際映画祭にて、『ベイマックス』のワールド・プレミアが行われることに本当にワクワクしています。それも、オープニング作品に選ばれて、大変光栄に思います。
映画の舞台は、世界の中でも私達のお気に入りの都市であるサンフランシスコと東京をミックスした架空の未来都市、サンフランソウキョウです。東京で実際に行ったリサーチが、映画における細部にまで生かされています。私達に深いインスピレーションを与えてくれた東京にて、この映画が上映されることをとても楽しみにしています。

『寄生獣』山崎貴監督コメント

© 映画『寄生獣』製作委員会

© 映画『寄生獣』製作委員会

寄生獣という作品は“種としての人間”がいかに生きるべきかということを考える入り口になりうる作品だと思います。沢山の問題を抱えた現代という時代、このような大きな映画祭のクロージングにこの作品を選んでもらえた意義は大きいと思います。

第27回東京国際映画祭

10月23日(木)〜31日(金)開催
公式サイト:http://www.tiff-jp.net

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top