スキマスイッチ、ポップナンバーの新曲がヨコハマタイヤCMソングに決定

スキマスイッチの新曲「パラボラヴァ」がヨコハマタイヤ「iceGUARD 5(アイスガード ファイブ)」のCMソングに起用されることが25日、発表された。


同楽曲は昨年2013年にデビュー10周年をむかえ、新たなるステージへと突入したスキマスイッチがおくる、真骨頂のポップナンバー。
2人が生み出す、躍動感あふれるメロディ、ボーカル・大橋卓弥の表現力豊かな歌声、常田真太郎の卓越したサウンドアレンジが、様々に変化する冬の路面状況に対応し優れた性能を発揮する「アイスガード ファイブ」のCM映像イメージにマッチしていることから今回のタイアップが実現した。

スキマスイッチの大橋卓弥は「テレビCMの中でも音楽にこだわって作品を作っているイメージを持っているので、CMで一緒にコラボレーションすることで、より多くの方にお互いのメッセージが届いたら嬉しいです」と楽曲の起用を喜び、常田真太郎は「僕らの楽曲が、CMと共に次の冬を彩ってくれることを楽しみにしています」と期待を述べた。

ヨコハマタイヤ「アイスガード ファイブ」テレビCMは8月15日(金)から北海道エリアを皮切りに順次放映。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top