福山雅治、映画「るろうに剣心」出演が明らかに 主演・佐藤健は「先輩の男気感じた」

2ZZZhikoAA1A9279

この夏、2部作連続公開となる『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の新たなキャストが解禁され、俳優の福山雅治が参加していることが明らかとなった。福山は自身初のコミック原作の実写映画への出演となる本作で、これまでにない激しいアクションシーンにも初挑戦しているという。


福山にとって本作の主演・佐藤健は所属事務所の後輩にあたり、大河ドラマ「龍馬伝」以来2度目の共演となる。
佐藤は「前作の宣伝期間に福山さんのラジオに呼んで頂いて、『続編あるならぜひ出て下さい』と話したことがあって、今回本当に実現して、口だけじゃない先輩の男気を感じました」と福山の出演に感激。
福山は佐藤との共演について「今回激しいアクションシーンを体験させていただき、剣の一振りにもそれぞれの個性があり、そのアクションに『役も人間も滲み出るものだ』ということを改めて教えていただきました。そしてそこで出会った剣心は、とても強く美しかったです」とコメントしている。

「龍馬伝」でも福山とタッグを組んだ大友啓史監督は「脚本執筆時から、この役を演じることのできる人は福山さん以外にはいない、そう感じていました」とキャスティングの経緯を明かす。「以蔵と龍馬を演じた二人が、時空を超えて、新時代の存亡をかけて剣を手に対峙する!佐藤健と福山雅治、両者のぶつかり合いが、いったいどんな熱を、どんな物語を産み出すのか。その想像を超えた可能性こそが、僕にとってのキャスティングの大きな理由です。」

気になる福山の役どころだが、その役柄、役名は今だ謎に包まれたまま。全国で実施された試写会でもエンドロールには名前がクレジットされていなかった。果たして緋村剣心の敵なのか味方なのかは不明だが、剣心と深い関わりがあり、物語の鍵を握る役どころとのことなので、ぜひ映画館に足を運んで確かめてみよう。

『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』は8月1日(金)、9月13日(土)2部作連続全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top