賛否両論の話題作「渇き。」トロント国際映画祭へ

6月27日の公開以降、各地で賛否両論を巻き起こしている映画『渇き。』が、9月にカナダで行われるトロント国際映画祭へ出品されることが決定した。


「渇き。」ポスター画像トロント国際映画祭は、例年300以上の作品が上映され、ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭に次ぐ規模の来場者数約30万人を集める北米最大の映画祭。アカデミー賞の賞レースの始まりとなる重要な映画祭としても毎年注目を浴びている。本年は9月4日から14日にかけて開催される。

「渇き。」が出品されるのは2006年より創設されたVanguard部門。技術や文化、セクシュアリティ、あるいは映画それ自体の可能性を広げた作品をセレクションしていると言われている部門で、中島哲也監督としては、2010年に『告白』も出品されており、4年ぶりの出品となる。また、過去には山真治監督『サッドヴァケイション』、園子温監督『冷たい熱帯魚』なども出品されている。

日本での公開後、ソーシャルやレビューサイトにあげられる感想は真っ二つに分かれ、近年稀にみる賛否両論の嵐でさらに話題続きとなっている本作。海外の映画ファンがどのように受け止めるのかにも、注目が集まる。
『渇き。』はTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top