BUMP OF CHICKEN、東京ドームで初音ミクとリアルタイム共演

BUMP OF CHICKENが7月31日、東京ドームにて全国ツアー「WILLPOLIS 2014」の最終公演 「WILLPOLIS 2014 FINAL」を開催。叙事詩のような壮大なライブを展開し、約3時間にわたって5万人のファンを魅了し続けた。


約4カ月に及んだ全国ツアーのファイナルとして設定されたこの日の公演では、1日限りのスペシャルな演出 が随所に盛り込まれた。開演前の場内では、サイドスクリーンにてドーム前に集まったファンの写真を投影。また観客の興奮を高めるSEの「ボレロ」に続き上映された映画監督・山崎貴氏によるオープニング映像は本日限りのバージョンとなり、架空都市・WILLPOLISの上空を超えて東京ドームの中に光のかけらが舞い込むというドラマチックなエンディングで、5万人を「WILLPOLIS」の世界へと誘った。
ライブでは、今日ここに集まった全員と時間を共有している喜びを爆発させたBUMP OF CHICKENの4人。直井由文(B)が「ごめん!ここでMCするはずじゃなかったんだけど言わせて!次の曲は一緒に歌おうぜ!」と叫んで始まった「虹を待つ人」では、演奏中に藤原基央(Vo, G)も「遊ぼうぜ東京ドーム!」とシャウト。それを受け5万人の大合唱はさらに大きくなる。続いて「サザンクロス」「(please) forgive」といった最新アルバム「RAY」収録曲が惜しみなく披露され、強靭なバンドアンサンブルをドーム全体に響かせた。

また「ゼロ」では、同曲がスクウェア・エニックス「FINAL FANTASY零式」テーマソングだったことから 「FINAL FANTASY零式」のキャラクターが登場する映像が、「Smile」では写真家・蜷川実花氏×フラワー アーティスト・東信氏による生き生きとした草花の映像がスクリーンで流され、楽曲の世界を表現する後押しをした。
この日一番のハイライトとなったのは、アリーナ後方に設置されたサブステージよりメインステージに戻った直後。サイドスクリーンで、バンドロゴをガス袋にまとった飛行船「LITTLEBRAVE号」に寄り添うように発光体が浮遊する映像とともに「ray」のイントロが聴こえ始めると、場内はあっという間に沸き立つような空気に包まれる。そしてメインスクリーン前方に登場したダイヤモンド型のオブジェクトに初音ミクが表れると、大きな歓声が起こった。

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」のミュージックビデオで描かれたコラボが、今度は5万人の眼前でリアルタイムに展開。MVの監督も務めたクリエイティブプロダクション・A4Aの東市篤憲氏が開発した「ダイヤモンド3Dホログラフィックシステム」を使い、クリプトン・フューチャー・メディア社による「14(イチヨン)モデル」の初音ミクがBUMP OF CHICKENとともに歌い踊る様子を、東京ドームに鮮やかに現出させた。

さらに本編終盤、「ガラスのブルース」を演奏した後には、藤原が「『WILLPOLIS 2014』はいつもこの 『ガラスのブルース』が最後の曲だったんだけど、今日は新曲やってもいいですか」と吐露。歓喜の声が上がるなか、「あー、やっと(みんなの前で)歌える」と嬉しそうな藤原のつぶやきに続いて鳴らされたのは、このツアー中に書き上げられた新曲「You were here」。優しくあたたかなファルセットの歌声と、丸みのあるサウンドスケープは、ライブに対してメンバーが感じているリアルで実直な思いをオーディエンス にストレートに届ける力強さを感じさせるものに。「WILLPOLIS 2014」を経て、新たな地平を見つめるバンドの姿が生き生きと描かれた瞬間となった。

なお、BUMP OF CHICKENは本日、配信限定シングル「You were here」をiTunes Store、レコチョクなどでリリース。あわせてバンドのYouTube公式チャンネルでは早くも「You were here」のMVショートバー ジョンが公開された。このMVは31日のライブでも楽曲演奏時にメインスクリーンで流されていた映像。同じ空間を共有できたファンはもちろん、残念ながら観覧できなかった人も、ぜひチェックしてみよう。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top