佐藤健にフィリピンのファンが熱狂 映画「るろ剣」アジアプレミア

IMG_9752

映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』のアジアプレミアが6日、フィリピン・マニラで行われ、主演の佐藤健、武井咲、青木崇高、大友監督が出席した。フィリピンでプレミアを行うのは日本映画史上初めてのこと。

原作の漫画「るろうに剣心」はフィリピン国内で10年以上も販売されており、2005年からはアニメのテレビ放送も開始。2012年にフィリピンで封切られた前作『るろうに剣心』はフィリピンでの日本映画興行成績の歴代の記録を塗り替えるほど高い人気を誇っている。

レッドカーペットイベントには佐藤健をはじめとするキャストらを一目みようと5000人のファンが集結。レッドカーペットに降り立った4人は「絶叫」とも言える歓声とともに迎えられた。
佐藤は「想像を遥かに超えたレッドカーペットだった」。武井も「こんなにたくさんの人が来てくれるなんて、本当にうれしい」と、フィリピンのファンたちの熱狂ぶりについて興奮の面持ちでコメントを寄せた。

舞台挨拶のステージでは、佐藤がタガログ語で「こんばんは、私は佐藤健です。皆に会てうれしいです。来てくれてありがとう。愛してます」と挨拶をすると、絶叫が会場を包んだ。
武井咲は「海外のイベントはフィリピンが初めてなのですごくうれしかったです」と話し、大友監督は「最近Facebookの友達申請にフィリピンの人が多いので、るろうに剣心の映画の人気度が伺え知れます。皆さん、メッセージ付きで友達申請くださいね」とアピール。
最後に佐藤は「前作でフィリピンでの公開が日本映画の記録を作ったと聞きました。皆さんのおかげで今日ここにくることができました。人生をかけて作った映画なので、皆さんにぜひ見てほしいです」と、フィリピンのファンに向けて語りかけた。

また、今回のアジアプレミアでは本作がアジア・ヨーロッパなど、世界53の国と地域での配給が決定したことも発表された。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top