サッカー日本代表・内田篤人選手がMay J.の新曲ミュージックビデオに出演

サッカー日本代表の内田篤人選手が、May J.の新曲ミュージックビデオに、体育教師役として出演することが8日、わかった。内田選手がアーティストのミュージックビデオに出演するのは今回が初めて。


数年前よりMay J.のファンであり、試合や練習の前後にMay J.の楽曲を聴いていたという内田選手。May J.はワールドカップ直前の4月に、内田選手本人から「是非May J.に曲を作って欲しい」というオファーをもらい、「光のありか」という楽曲を制作。その流れから今度はMay J.より内田選手にぜひ次作のミュージックビデオに出演して欲しいと提案し、今回のミュージックビデオ出演が実現したという。

内田選手が出演しているのはMay J.の9月10日発売のシングル「本当の恋」。ミュージックビデオは、内田選手演じる体育教師が放ったサッカーボールの行方が、15歳の少年と少女の20年後の再会とその運命を分けるというドラマ仕立ての内容になっている。

「サッカー選手でなかったら学校の先生になりたいと思っていた」という内田選手。初めてのミュージックビデオ出演について「普段サッカーしかやっていないので、こういう演技のお仕事はなかなか機会が無いので気分転換になります」といい、「一生懸命やったつもりなので、May J.さんの曲も楽しみながら僕の演技も気にかけてもらえたら」とコメントしている。

9月10日発売のシングルには、内田選手のミュージックビデオの撮影風景を記録したメイキングムービーも収録される。トータル10分を超えるメイキング映像では、撮影の合間に生徒役の子役たちとサッカーをしながら戯れている様子など、内田選手の等身大の素顔ををたっぷりと見ることができる。

また、10月発売予定のアルバム「Imperfection」には前述の内田選手からのオファーにより誕生した楽曲「光のありか」の収録が決定した。内田選手からの言葉やキーワードを反映しているということなので、歌詞のフレーズや世界観に注目して聴いてみよう。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top