タモリがNHKスペシャルの司会担当 自身の災害対策語る

タレントのタモリがNHKスペシャル「巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃」で司会を務めることが決定し、19日、NHK放送センターで行われた会見に出席した。


タモリは「最近、天変地異も激しいものが起こっていて、起こったがゆえに新しくわかったことがこの番組で語られています」と番組を紹介。「なるほどなというところが随所にありますので、大変おもしろい番組になっていると思います」とアピールした。

タモリと共に番組を進行するNHKの上條アナウンサーは、タモリについて「専門家の方もびっくりするくらい知識がおありで、本当に驚きました」とその知識の多さに感服した様子。しかし、そんな博識なタモリも、この番組を通して初めて知ったことがたくさんあるといい、なかでも「巨大地震のメカニズムというのは、最近わかったことなんですが、我々が本で読んでいたのと全然違いましたね」と、その驚きを伝える。

32年間司会を務めた「笑っていいとも!」が3月に終了してから5ヶ月。「僕はお笑いやってるのと、こういう番組やってるのと、気分的には差がない。同じ興味があることをやっているだけ」と話し、「この番組が堅苦しいとは一切思わない。今日2本撮ったんですけど、まったく疲れもありません。早くビールが飲みたいな」とニヤリ。
また、「バラエティっていうのは何でもあるからバラエティ。お笑いだけがバラエティじゃない。そこがバラエティの面白いところ」だとし、「こういう番組をやるのもイグアナ(のモノマネ)をやるのも、まったく同じ気持ちです」といって周囲を笑わせた。

また、自身の災害対策について聞かれると、「自分の家を持つときに“その地面がどのような状態なのか”というのを重視して土地を選びました」と告白。さらに「防災グッズは完全に持ってます。それから水と食料の備蓄、そして発電機。発電機といってもそんなには賄えないので石油ストーブも2台持ってます」と防災意識の高さを伺わせた。

番組は大気と海、そして地下のプレートやマントルの大循環など、地球に備わるダイナミックな変動メカニズムから、将来起こりうる巨大災害の脅威に迫る、NHKスペシャルの大型シリーズ。「異常気象」「スーパー台風」「巨大地震」「火山大噴火」の4つテーマで8月と9月に放送される。

NHKスペシャル「巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃」

NHK総合
司会:タモリ、上條倫子アナウンサー
8月30日(土)19:30~20:43 第1集 異常気象
8月31日(日)21:00~21:49 第2集 スーパー台風
9月20日(土)21:00~21:49 第3集 巨大地震
9月21日(日)21:00~21:49 第4集 火山大噴火

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top