大島優子、先輩女優との共演に手応え「勉強させてもらった」 映画『紙の月』完成報告会見

140821kaminotsuki5

大島優子が21日、都内で行われた映画『紙の月』の完成報告会見に宮沢りえ、小林聡美、吉田大八監督、原作者の角田光代氏とともに出席した。



映画は直木賞作家・角田光代の同名長編小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化。真っ当な人生を送っていたはずの平凡な主婦が、年下の大学生との出会いから不倫関係に陥り、巨額横領事件を起こすに至るまで、破滅へと暴走していく一方で輝きを増していく様を緻密に描くヒューマンサスペンス。

今回、大島が演じるのは映画オリジナルのキャラクターで、主演の宮沢りえ演じる梅澤梨花の同僚で銀行の窓口係の相川恵子。梨花が道を踏み外していく時に、無邪気に口にした言葉などで無意識に梨花を導くという役どころ。
壇上に上がった大島は「先輩方のお芝居を間近で見れて、空気とか芝居への取り組み方、姿勢なども勉強させていただきました。それに感化されるように私も常に自分を緊張させながら、お芝居させていただきました」と挨拶。

140821kaminotsuki10女優としての大先輩たちとの共演を振り返り、「宮沢さんも小林さんも監督の言葉を聞いて体の中に入れて、ちょっと噛み砕いて次のテイクでまたやるっていうのを間近で見ていて、こんな大先輩でも自分の中で考えて調理して、そして提出するんだなっていうのを見させていただいて、すごいいい経験になりました」と語る大島。「私自身もこうやってやっていこうというか、素直に、自分の中で勉強するというか噛み砕くというのを隠さず出していいんだなって思いました。それを間近で見れて、とても光栄に思いました」と、AKB48卒業後初めてとなった映画出演に手応えを得たようだった。

吉田監督の現場での演出について聞かれると、「本当に繊細です。目線ひとつにしても、手の高さにしても、背筋にしても、ひとつひとつ伝えに来てくださるんですね。普通の声ではなくボソボソボソっと喋るんです。だから一対一でコミュニケーションして、監督のいった言葉がすっと耳に入ってきて、心の中にストンと落ちる。その加減を意図してやっているのか、本能的にやっているのか、ずるい男性だなって思いました」と笑いながらも、「でもその監督のやり方が繊細だからこそ映像にもそれが出ている。それが監督が作り上げた映像として出来上がっているのは、この『紙の月』を見てもらうとよりわかるかと思います」とコメントした。

その吉田監督は今回の女優陣のキャスティングについて「宮沢さんと小林さんが初共演というのは僕も決まってから聞いて意外だった。そこに大島さんまでいる。この感じはちょっと褒めて欲しい」と自画自賛。「これを実現しただけでも僕の仕事はほぼ終わったんじゃないかと思うくらい。現場で3人を見ていて『すごいことしたな』ってけっこう自己満足していました」と明かして会場の笑いを誘っていた。

映画『紙の月』は、11月15日全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top