VAMPSの日本版イメージソングも解禁!「ドラキュラZERO」予告編完成

先日、日本版イメージソングをロックバンド・VAMPSが担当することが発表され話題となった映画「ドラキュラZERO」。25日、その日本版イメージソング「VAMPIRE’S LOVE」が解禁となる30秒予告映像が公開された。


ドラキュラZERO×VAMPS映画は15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラの物語。これまで描かれることのなかったドラキュラの英雄伝説を、最新VFXを駆使し壮大なスケールで描くアクション・エンターテイメント超大作。

L’Arc〜en〜CielのHYDEと、Oblivion DustのK.A.Zの2人によって結成されたロックバンド・VAMPSは、HYDEがかねてよりヴァンパイア好きだったことからそのバンド名が名づけられた。
今回の映像で解禁となる本楽曲は、ヴァンパイアの切ない想いを歌う壮大な曲で、VAMPSの2人はこの新曲について「(おれたち)ヴァンパイアならではの、なんて悲しい宿命と切なさを曲にしましたので、聴いてください。」とコメント。悪に身を捧げながらも愛する人を想い、戦うことを選んだヴラドの姿にリンクしており、物語をよりドラマチックに彩る楽曲となっている。

日本版イメージソング「VAMPIRE’S LOVE」使用の本映像は8月23日(土)より全国の劇場で上映開始予定。(一部劇場除く)
映画は10月31日(金)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top