薬膳コーディネーター合格のAKB川栄李奈、風邪をひいたときは「風邪薬」

AKB48の川栄李奈が27日、都内で行われた映画『LUCY/ルーシー』公開直前イベントに登場。先日、薬膳コーディネーターの資格に合格したことが話題になった川栄は、記者から風邪引いたときにオススメの薬膳を聞かれると、「風邪薬をオススメします」と答えて周囲を爆笑させた。


この日、川栄は金髪のウィッグをかぶり、ルーシーのコスチュームで登場。さらに脳科学者に扮したお笑い芸人の陣内智則と、東大出身の脳科学者・中野信子氏も同席し、“10%しか機能していないといわれる人間の脳が、100%覚醒したら?”という本作のテーマにちなみ、川栄を覚醒をさせるべく奮闘した。

140827lucy9“おバカキャラ”が浸透している川栄。ためしに陣内が九九の8の段を言わせてみるも、8×2で「17」といきなり失敗。
そこで、運動で心拍数を最大の75%以上にまで伸ばすと、脳に刺激が働き、通常よりも結果がよくなるという方法を実践するために、川栄がAKB48の最新曲「心のプラカード」を踊ることに。
思いのほかゆるいダンスに陣内から「もっと激しい歌ないんかい」と突っ込まれつつも、サビを踊りきった川栄は数学の問題に挑戦。しかし割り算ができずに全問正解ならず。陣内は「踊ってなかったら、どえらいことになってたな」と冷や汗だった。

続いてハーバード大学の研究による、テストステロンというホルモンが増加し、思考力がアップするという“覚醒ポーズ”で、今年のAKB48総選挙順位の暗記に挑戦。
10秒という時間制限に自信なさげな川栄だったが、陣内から「あなたのとこの子たちやから」と説得され、チャレンジ開始。
上位はスムーズに名前を読み上げた川栄だったが、13位の横山由依がなかなか出てこず、陣内から「嫌いなんかなー」と煽られる一幕も。最終的に24位まで正解し、2人から「すごい」と賞賛されるも、本人は「このポーズの効果ですか?」と半信半疑だった。

さらに中野氏から脳を覚醒させる方法として、「口角を上げる」「薔薇の香りを嗅ぐ」などの方法を伝授された川栄は、再び九九に挑戦。
「得意な段は?」と聞かれた川栄は「2。1か2」と即答し、陣内を呆れさせるも、なんとか2の段を言い切ることに成功。続いて3の段にも挑戦したが、3×6で「17」とまさかの失敗。陣内は「17好きやなあ」と首を傾げていた。

イベント後に1人で囲み取材に登壇した川栄。記者から脳が覚醒した自覚は?と聞かれ「そうですね。気持ちの問題だと思います」と、元も子もない発言。薬膳コーディネーターの資格合格に話が及び、「脳が覚醒しそうな薬膳料理はある?」と聞かれても、「血の巡りが良くなるのとかはあるけど、脳はやっぱり気持ち次第」と、自分のペースを崩さなかった。
また、薬膳コーディネーターの資格取得には九九は必要ないといい、「なので、九九できない方はぜひ薬膳コーディネーターに」と勧めて報道陣の笑いを誘っていた。

映画『LUCY/ルーシー』はリュック・ベッソン監督とスカーレット・ヨハンソンのドリームタッグで、“10%しか機能していない人間の脳が覚醒したら?”という人間の根源的な謎に向かい合うエンターテイメント作品。
モーガン・フリーマン、チェ・ミンシクら豪華な実力派キャストが顔を揃え、パリ、台北、ニューヨークの3都市を舞台に大胆かつ予測不能なストーリーが展開する。
8月29日(金)全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top