眞鍋かをり&塚本高史がベストレザーニスト2014受賞 報道陣の姿に安堵

140828leather23

俳優の塚本高史とタレントの眞鍋かをりが2014年最もレザーが似合う著名人に贈られる「ベストレザーニスト2014」に選ばれ、28日、都内で行われた記者発表会に出席した。



塚本は「レザーが似合う著名人の方が数多くいらっしゃると思うんですけど、その中で僕を選んでいただいて嬉しい」と喜び、「これからジャパンレザーの良さを広めていけたら」と使命感を燃やした。
眞鍋も同様に「過去に錚々たる方々がベストレザーニストに選ばれているので嬉しい」と話し、加えて「選んでいただいた基準が『さらにこれからの活躍に期待したい人』ということで、まさか34歳でまだこれからに期待してもらえるとは思ってなかった」と、二重の喜びだったようだ。

塚本は「番組で共演した向井理くんとケミストリーの川畑要くんと3人でお揃いの革のライダースジャケットを買いました」と普段から革製品を愛用しているようで、「“お揃いで着て飲もう”と約束しています」と野望を明かした。
それを聞いた眞鍋は「私も革仲間で豪華な芸能人の名前を出したかったんですけど」と苦笑しつつ、「個人的には大好きです。カジュアルだったり、フォーマルな場面にも着ていけるような高級感のあるものとか、いろんなバリエーションのものを持っています」とコメント。また、ファッションに革製品を取り入れることで「イイ女ぶれる」とレザーの魅力をアピールした。

また、この日は午後から東京地方裁判所でASKA被告の初公判が開かれることもあり、塚本は集まった報道陣を前に「今日(報道陣が)いないんじゃないかと思った」と胸中を告白、眞鍋も「本当によくこちらの現場に来ていただいて。嬉しいです」と、安堵した様子だった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top