miwa、エッフェル塔を背に初の海外ライブ!被災地・東北の中高生100人と熱唱

DSCN3215

シンガーソングライターのmiwaが8月30日、フランス・パリ、エッフェル塔の下に広がるシャン・ド・マルス公園にて初の海外ライブを行った。


ライブはフランス・パリに本部を持つ国際機関OECD(経済協力開発機構)と文部科学省が協力して展開している復興教育支援事業「OECD 東北スクール」による復興イベント「東北復興祭<環 WA>in Paris」の一環として開催され、miwaは同イベントのために書き下ろしたテーマソング「希望の環(WA)」他4曲を披露した。
「希望の環(WA)」では「OECD東北スクール」に参加している東北3県の被災地の中高生100人がコーラスで参加。震災を乗り越え、未来に向かって力強い希望を抱きながら前進している東北の人たちの想いを歌ったこの歌に、集まった多くのフランス人から惜しみない拍手が起きた。

イベント本編に入ってライブが始まると、地元パリの人々に混ざって偶然居合わせたであろう日本人観光客がアナウンスに驚いたように駆け寄るシーンも見受けられた。
さらにmiwaが1曲目の「ヒカリヘ」を歌い始めると、本人のアコギとejiのキーボードの2人というシンプルな編成にもかかわらず、透明感溢れる力強いボーカルに足を止めて見入る人が続出。「メルシー・ボク」「ジュ・マベール・ミワ」と少々たどたどしいフランス語に暖かい拍手がわき、緊張していたように見えたmiwaも笑顔を見せた。
フランスでも放送されていた「BREACH」のオープニングテーマだった「chAngE」を披露し、
「夢見るシャンソン人形」へ。フランス人から「オー!」と歓喜の声があがり、盛り上がりがさらに増すなか、miwaが最後に選んだ曲は、デビュー前からずっとカバーしてきたシンディ・ローパーのカバー「True Colors」。
miwaの歌声に引き寄せられるように近くに居合わせた人たちがどんどんステージ近くに集まり、曲が終わると静かに聴きこんでいた観客から大きな拍手が沸いた。

ライブを終えたmiwaは「東北スクールの皆さんからイベントのテーマソングを作ってほしいということを聞いて、それから皆さんの想いや伝えたいことを知り、曲を制作していきました。パリのエッフェル塔の下で、今日みんなで歌ったことにより曲が完成しました」とコメント。「東北復幸祭に参加できたことをとても光栄に思います。どうか世界中が希望の環でつながりますように」と願いを込めた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top