安室奈美恵が沢尻主演「ファースト・クラス」主題歌を担当

image

安室奈美恵の新曲が、話題のフジテレビ系ドラマ「ファーストクラス」の主題歌となることがわかった。


安室奈美恵アーティスト写真新曲のタイトルは「BRIGHTER DAY」。イントロのストリングスが印象的な透明感溢れるミディアムナンバーだ。
今年8月にドラマサイドからオファーを受け実現したもので歌詞はこのドラマのために書き下ろされたもの。“立ち止まることもあるけれど、選んだ道を一緒に歩いて行こう”という想いを込めた大切な人へのメッセージソングとなっている。

同ドラマは、今年4月期に放送された土曜ドラマ「ファースト・クラス」終了からわずか4カ月という、フジテレビドラマ史上最速で続編が決定した注目ドラマ。主演は沢尻エリカが続投し、出版社からファッションブランド業界へと舞台を移し、新進気鋭のデザイナーとして働く主人公・吉成ちなみ(沢尻エリカ)のその後を描く。

この主題歌決定に、主演の沢尻エリカは「安室奈美恵さんに主題歌を歌って頂けると聞いて、大変嬉しく光栄な事と思っています。」と喜びのコメント。
プロデューサーの太田氏はオファーの経緯について、本作のテーマが「自分の信念を突き進んで終わりなき戦いを続ける女性」であることから「デビュー以来ずっと第一線で活躍し、しかも御自分のスタイルを貫いていく信念をお持ちの安室奈美恵さんに是非とも主題歌を歌っていただきたかった」と語る。これを安室奈美恵サイドが快諾し実現したという。

ドラマは10月15日午後10時スタート。安室の新曲「BRIGHTER DAY」は11月発売予定だが、ドラマの初回放送となる10月15日に着うた(R)の配信が決定している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top