乃木坂46、アーティストライブのトップバッターで登場 <GirlsAward 2014 A/W>

141001nogizaka29

乃木坂46が1日、東京・代々木第一体育館で開催されたファッション&音楽イベント「GirlsAward 2014 AUTUMN / WINTER」に登場した。



アーティストライブのトップバッターとして登場した乃木坂46。会場に詰めかけた女性客から大きな歓声を受けてステージに登場すると「気づいたら片思い」からライブをスタート。続く「おいでシャンプー」でメインステージからランウェイへ繰り出すと、生駒里奈が「みなさん私たちと一緒に楽しい時間を過ごしましょう!」と呼びかけ、大サビの前には生駒の「ガルアワ~!」の声にメンバー全員で「最高~!!」と叫んで会場を盛り上げた。
最後は10月8日発売の新曲「何度目の青空か?」をフルサイズで披露。最後に西野七瀬が「皆さんこの後もGirlsAwardを楽しんでいってください」と観客に語りかけてステージを後にした。

今回で4度目のアーティスト出演となり、すっかりGirlsAwardの常連となった乃木坂46。この日はライブパフォーマンスに加え、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、松井玲奈、松村沙友理がモデル出演。キュートな笑顔を振りまきながらランウェイを歩いた。

GirlsAwardは「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」をスローガンに2010年10月より年2回開催されているファッション&音楽イベント。記念すべき第10回目を迎えた今回は「LOVE ME 10DER, LOVE ME TENDER」をテーマに開催。佐々木希、木下優樹菜、トリンドル玲奈、菜々緒といった人気モデルたちがランウェイを歩き、乃木坂46のほか、May J.、西内まりやらがライブを披露。お笑いコンビ・日本エレキテル連合や、どぶろっくも登場してイベントを大いに盛り上げた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top