豪華モデル&アーティストに3万4000人が大興奮 GirlsAward 2014 AUTUMN/WINTER<フォトレポート>

国内最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2014 AUTUMN/WINTER」が10月1日、国立代々木競技場第一体育館で開催された。


GirlsAwardは「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」をスローガンに2010年10月より年2回開催されているファッションと音楽の祭典。記念すべき第10回目を迎えた今回は「LOVE ME 10DER, LOVE ME TENDER」をテーマに開催。
平日開催にも関わらず、一時入場規制がかかるほどの盛況ぶりを見せ、述べ約3万4000人が来場した。

イベントのオープニングモデルを飾ったのは佐々木希。その後、河北麻友子、松井愛莉、マギー、ダレノガレ明美、トリンドル玲奈、中村アン、藤井リナ、玉城ティナら人気モデルたちがランウェイに登場する度に会場は大きな歓声に包まれた。
木下優樹菜は自身がプロデュースするブランド「Avan Lily」のステージの最後に愛娘の莉々菜ちゃんと一緒に登場。親子での初ランウェイを披露した。

アーティストライブでは乃木坂46がトップバッターで登場。新曲「何度目の青空か?」を含む3曲をパフォーマンス。人気ファッション誌「Seventeen」のモデルとして活躍する西内まりやは、三吉彩花や広瀬すずらが出演したSeventeenステージの最後に登場。今年8月にリリースしたデビュー曲「LOVE EVOLUTION」を披露した。
イベントの大トリを務めたのはMay J.。映画「アナと雪の女王」の劇中歌「Let It Go 〜ありのままで〜」など3曲を熱唱し、圧倒的な歌唱力で観客を魅了した。

そのほか、9月29日に最終回を迎えたフジテレビの人気番組「テラスハウス」の歴代メンバーが集結し、全員でランウェイを歩いたり、続編決定で話題沸騰中のドラマ「FIRST CLASS」からは菜々緒とシシドカフカが登場、「NYLON JAPAN」のステージではお笑いコンビの日本エレキテル連合やどぶろっくが登場して持ちネタを披露するなど、見どころ満載のステージが約4時間半に渡って繰り広げられた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!