剛力彩芽、初カバー&初デュエットは石井竜也との異色コラボ

剛力彩芽が3rdシングル『くやしいけど大事な人』の3曲目に収録されるカップリング楽曲でパープル・シャドウズの1969年の大ヒット曲『別れても好きな人』を”石井竜也と東京デルアミーゴ”とデュエットしていることが判明。同時にミュージックビデオがYouTubeにて公開された。


今回のデュエットは剛力と制作スタッフが3枚目のシングル『くやしいけど大事な人』をリリースするにあたって話していた雑談がきっかけとなって実現。「何か楽しいことがしたいね」という話になり、カバーやデュエットをしてみようということになった。
表題曲の『くやしいけど大事な人』は恋の始まりを歌っているので、カバーする曲は終わってしまった恋を歌っても面白いのではないかということで楽曲は『別れても好きな人』に決定。さらに、昭和歌謡の名曲を一緒に歌って楽しい人を探し、”石井竜也と東京デルアミーゴ”の名前が挙がったという。

_X8A0292剛力は「まさか石井さんにお受けいただけるとは思っていなかったので、初めてお会いする時はすごく嬉しかったんですけど、初めてのカバー、初めてのデュエット…さらに石井さん…めちゃくちゃ緊張しました」とMV撮影を振り返る。「でも、とても気さくに接してくださって、本当に楽しい現場でした!!みんなで歌いたくなるような楽曲・映像に仕上がったので、是非一緒に歌ってもらいたいです!」とアピール。

一方の石井竜也と東京デルアミーゴは「この度は30余年に渡る下積み活動中の「石井竜也と東京デルアミーゴ」に、お声をおかけ頂きまして感謝感激でございます。剛力さまとの見つめ合いながらの歌唱は、心に残る生涯無二の思い出となりました。これにおごることのないよう、今後とも地道に活動していきたいと思っておりますのでお見知りおきの程、何卒よろしくお願い申し上げます」と謙虚なコメントを寄せている。

剛力彩芽の3rdシングル『くやしいけど大事な人』は10月29日発売。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top