剛力彩芽、紅白出場へは謙虚「まだまだ修行が足りない」

141008gouriki2

剛力彩芽が8日、表参道ヒルズにオープンする「ディオール パフューム&ビューティー ブティック」のオープニングセレモニーに出席した。



同店はフレグランスからメイクアップ、スキンケアまでの全てを揃えており、スペシャリストによる 最高のサービスを体験できる空間として、日本で初めて、世界で5店舗目となる。
オープニングセレモニーでは剛力が、パルファン・クリスチャン・ディオール プレジデント兼最高経営責任者のクロード・ マルチネズ氏、メイクアップアーティストのピーター・フィリップス氏とともにテープカットを行った。

店内を見渡して剛力は「キレイだし、見てみてワクワクするような場所。ずっといたいくらい居心地も良いです」とニッコリ。この日のメイクには同店の限定商品を使用したといい、「上品でエレガントで、ピンク色がすごく可愛いうえに大人っぽさも出してくれる」と、お気に入りの様子だった。
普段からディオールのリップとアイライナーを愛用しているという剛力。「リップはナチュラルメイクの時、とてもキレイになるのでシーン問わず使っています。アイライナーはメイクさんに『使いやすいよ』と教えてもらって使うようになりました」と明かした。

上下ディオールのコーディネートで登場した剛力は「この服を着て表参道をまわりたい。着心地もいいです。ブルーがすごくキレイで女性らしい可愛らしさもある」とご満悦。10月29日発売の新曲『悔しいけど大事な人』のタイトルにちなんで、報道陣から「悔しいけどお似合いですね」と声をかけられると「本当ですか?嬉しいです」と大喜びだった。
年末に向けて「歌で紅白を狙いたい?」と聞かれると「いやいや、まだまだ修行が足りないです」と控えめ。しかし「もちろんひとつの夢ではあるので、頑張りたいです」と紅白出場へ前向きな姿勢を見せた。

「ディオール パフューム&ビューティー ブティック」は10月9日(木)、表参道ヒルズ内1Fにオープン。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top