福士蒼汰&有村架純「ストロボ・エッジ」主題歌がGReeeeN「愛唄」に決定 歌い手はLINEオーディションで

福士蒼汰と有村架純のW主演で実写映画化される『ストロボ・エッジ』の主題歌がGReeeeNの代表曲である 「愛唄」に決定した。


物語のなかで、仁菜子が何気なく鼻歌を歌ったその曲に、蓮が呼応して「その歌、ちょうど同じところが俺も頭の中で流れてた」と、想いがシンクロするというシーンがあり、原作では特に楽曲名は語られていなかった。特に人気の高いシーンであるがゆえ、ファンのあいだでも「ふたりのシンクロ曲は一体何?」と話題になっていたが、映画でもこのシーンを撮影するにあたり、連載当時(2007年)の大ヒット曲で、今もなお衰えない人気を誇ること、歌詞が主人公たちの心情に寄り添っているということから、GReeeeNの「愛唄」に白羽の矢が立った。

そして、この劇中使用をGReeeeNにオファーをしたところ快諾。さらに、映画を締めくくるエンディング曲について、女性ボーカルをGReeeeN LINE公式アカウントで募集し、映画主題歌を歌ってもらうという驚きのプランがGReeeeNから逆提案された。その結果、映画主題歌を歌うシンガーをLINEで募集するという前代未聞の一大オーデ ィションプロジェクトの開催が決定。

オーディションは、2014年10月17日(金)18時~10月19日(日)23時59分の間に、「愛唄」をアカペラで歌った動画をGReeeeN LINE公式アカウントに投稿することでエントリーが完了。10月末までには優勝者を決定する予定。
募集要項は、オーディション特設サイト(http://po.st/greeeenstrobe)にて。
映画『ストロボ・エッジ』は3月14日より全国公開。

GReeeen コメント

今回、映画プロデューサーからお話を頂いた際、僕たちGReeeeNのデビュー年の楽曲、「愛唄」が「今でも男性も女性にも聞いてもらえている」と言ってくださり、正直に嬉しく思いました。
「ストロボエッジ」がついに映画化されると知り、とても嬉しく思います。世代を超え今でも沢山の人に愛されている証拠だと感じま す。来春の映画の公開を心待ちにしていますが、「愛唄」という楽曲が今回の映画とともにどのように変化するかも楽しみにしています。

映画「ストロボ・エッジ」



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top