紅白司会、嵐&吉高由里子に決定 初司会の吉高「危なっかしいと思う方はチャンネルを変えて…」

12月31日に放送される第65回NHK紅白歌合戦の司会者が決定し、10日、NHK放送センターにて発表会見が行われた。


今年の司会は紅組が女優の吉高由里子、白組はアイドルグループの嵐に決定。紅組司会の吉高由里子は今回が初司会、一方、白組司会の嵐は5回目の司会となる。

吉高は今年度前期に放送された連続テレビ小説「花子とアン」で主人公の村岡花子を好演。多くの視聴者の共感を呼び、支持されたとして今回の司会抜擢となった。
一方の嵐は今年デビュー15周年の節目を迎え、9月にはハワイで記念ライブを開催。2日間で計3万人を動員した。また個人でもそれぞれの魅力を存分に生かし、多岐にわたる分野で活躍中。過去4回担当した白組司会での安定感ある進行ぶりが買われての起用となった。

番組の司会自体が初めての挑戦となる吉高は「NHKさんが朝ドラのヒロインに続き年末にもう一回冒険をしてくれた。私はその勇気に挑戦していきたい」といい、「たぶん危なっかしいなっていう声が多いと思うので、危なっかしいと思う方は年末はチャンネルを変えて……」と言いかけて嵐のメンバーから「変えないでください」「ぜひ御覧ください」と慌てて制される一幕も。
また、昨年紅組司会を務めた綾瀬はるかのように自身が歌う可能性について聞かれると、「アミューズという歌もやってる会社に10年所属していますが、歌を出さない理由は察していただきたい」といって報道陣を笑わせた。

アナウンサーを除いては史上初、5年連続5回目の司会となる嵐。
相葉雅紀は「まさか5年連続で司会をやらせていただけるなんて夢にも思っていなかった」と驚いた様子で、「今年で15周年という記念すべき年の締めくくりを紅白の司会で締めくくれるのが本当に幸せです」と喜びのコメント。
櫻井翔は初司会の吉高に「ごはん食べるタイミングをきちんとしておいたほうがいいと思います。夕方から長時間になるので」とアドバイス。吉高は「意地でも食べると思う」と笑っていた。

嵐が白組司会を務めた過去4回の勝敗は白組が3勝1敗。大野智は「負けた時は悔しいというか申し訳ない気持ちと“ぐったり感”みたいなのがあった」といって周囲の笑いを誘いつつ、「今年も勝ちたいですね。優勝旗持ちたいからね」と意気込んだ。

また、今年の紅白のテーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」に決定。二宮和也は「みんなで迎える大晦日をせっかくだから楽しく迎えてみないかということがテーマになっています。来る2015年を楽しい年にするべく、2014年をみんなで気持よく締められればいいなと思っています」とテーマに込められた思いを説明した。

第65回NHK紅白歌合戦は12月31日(水)19時15分〜23時45分、NHK総合・ラジオ第一にて放送。 総合司会はNHKの有働由美子アナウンサーが務める。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top