山本美月は市原隼人・要潤よりも“男らしい”?

NTTドコモのスマートフォン向け定額制動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」がこの秋配信するドラマ「ハング」と「今日からヒットマン」の配信を記念したプレミアイベントが12日、都内で開催され、2作の主要キャストが登壇した。


イベントには「ハング」に出演している市原隼人、金子ノブアキ、そして平川雄一朗監督、「今日からヒットマン」からは主演の要潤をはじめ、山本美月、菜々緒、岩本仁志監督が出席。
2作の共通のテーマである“社会の闇と闘う男たち” にちなんで、舞台挨拶中のキャストの回答を心理学者が分析し、“もっとも男らしい人”を発表した。

141012dvideo24市原隼人や要潤を抑えて“もっとも男らしい人”に選ばれたのは、なんと山本美月。名前を呼ばれた山本は「絶対くると思いました」と泣き笑い。
分析を担当した東京未来大学こども心理学部長・出口保行教授は「まず行動面に一番はっきり出てた」とし、「山本さんは一回も目線が下がらない。ずっと前を見てるか見渡している」、「語尾に『〜なんですよ』と『よ』をつける。自分が言いたいことをさらに前に出す」、さらに「司会の方や共演者の方が話を振ったときのレスポンスが早い」との理由を明かした。
感想を求められた山本は「悲しいです。泣きそう」と、しょんぼり。周囲から「泣くようなことじゃないですよ」とフォローされ、要潤からは「この泣いてる顔が明日一面ですよ」と茶化されて苦笑していた。

オリジナルドラマ「ハング」は9月20日より、「今日からヒットマン」は10月1日より、dビデオにて配信中。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top