EXILE ATSUSHIが中学生500人と合唱 「桜の季節」がNHKホールに響き渡る

atsushi

EXILE・ATSUSHIが13日、東京渋谷・NHKホールにて行われた「NHK全国学校音楽コンクール」で、500人の中学生とともに自身が書き下ろした楽曲「桜の季節」を熱唱した。


昭和7年より始まった「NHK全国学校音楽コンクール」通称「Nコン」は、全国(小学校・中学校・高等学校)から10万人の子供たちが参加する日本最大規模の合唱コンクールであり、今年で第81回目。10月11日(土)より3日間に渡って開催された。

今回の中学校の部課題曲「桜の季節」は、ATSUSHI自らが自身の10代の頃を思い出し、Nコンに参加する中学生のために特別に書き下ろした楽曲。ATSUSHIは「多くの不安を抱えながらも、前向きに進もうとする中学生たちをこの歌で後押しできたら嬉しい」と楽曲に込めた思いを語っている。

この日ATSUSHIは、全11校の演奏終了後、素晴らしい演奏をした中学生たちのために歌のプレゼントとして「道しるべ」を歌唱。会場に集まった全11校およそ500人の中学生たちがATSUSHIの心のこもった歌唱に耳を傾けた。
続いて、各出場校の代表生徒たちが半年間練習を重ね、歌い続けてきた「桜の季節」を、ATSUSHIと会場にいる全出場校の中学生で合唱。学生とATSUSHI、そして会場全体が1つになった。
締めくくりには、中学生たちから逆プレゼントとして、EXILEの代表曲の1つであり、ATSUSHI作詞でもある「EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜」を、出場校の学生によって結成されたスペシャル合唱団が歌唱した。

ATSUSHIは「桜の季節」を歌ってきた全国の中学生たちに向けて「皆さん本当に部活や勉強で大変な中、半年という練習期間を通して毎日毎日一生懸命練習されて、そしてこの曲を愛して下さったことを心から嬉しく思います。また、いつか道に迷った時や人生につまずいた時に、この頑張った時の気持ちを思い出して、また新たな一歩を踏み出せるような、そんなきっかけになったらいいなと思います。本当にありがとうございました」と語りかけた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top