平井 堅の名曲カヴァーが中谷美紀主演映画の主題歌に

平井堅が今年5月28日にリリースしたコンセプト・カヴァーアルバム「Ken’s BarⅢ」に収録されている「切手のないおくりもの」が映画『繕い裁つ人』の主題歌に決定した。



繕い裁つ人ポスター『繕い裁つ人』は講談社『ハツキス』にて連載中の同名漫画が原作で、2015年1月31日(土)より全国公開される。
主演は『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞など映画各賞を総ナメにし、『ゼロの焦点』『阪急電車〜片道15分の奇跡〜』など、高い演技力に定評がある中谷美紀。監督は、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』で優しい雰囲気の中に、スピリッツの効いた作品を手掛ける、三島有紀子が務める。

三島監督が平井堅の歌う「切手のないおくりもの」に惚れこみ、「主題歌はこの曲しかない!」という熱烈なオファーから、今回主題歌に起用されることとなった。
歌詞に登場する、様々な“あなた”に歌を届ける「私」と、依頼主の心に寄り添う洋服を作り続ける、中谷美紀演じる「市江」の生き様がぴったりリンクしている。

主題歌に決まった事について平井堅は、「今回、僕がカバーした「切手のないおくりもの」が、この映画の主題歌に起用して頂けると聞いて、驚きと共にとても嬉しく思っています。大切な気持ちを伝え送るこの歌が、最後に映画をふんわり包み込んでくれる事を願っております。一針一針心を込めて仕立てる誰かの為の一生の一着。歌手として、僕もそんな歌を一曲でも多く作れたら最高に幸せだなと思いました」とコメント。

また、この「切手のないおくりもの」が収録されているアルバム「Ken‘s BarⅢ」が装いも新たにギフト仕様のウィンターパッケージとして冬季限定出荷がされることも決定している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top