「LINE オーディション」グランプリに岐阜出身15歳 加藤ミリヤ&JASMINEもエール

20141026_02

ソニー・ミュージックとLINEによる「LINE オーディション」のファイナルステージが26日、都内で開催され、岐阜県出身の足立佳奈さん(15)がグランプリを受賞した。


「LINE オーディション」は、LINEユーザー5,200万人の中からスターを探す、次世代型オーディション。実際にLINEアプリを使用した応募総数125,094組の中から、ファイナリスト8組によるパフォーマンスをYouTuberのHIKAKINほかゲスト審査員らが審査した。
グランプリに輝いた足立さんには賞金100万円と「LINE公式アカウント」が付与、さらにソニー・ミュージックによるデビューに向けた支援が得られる。

また、この日は特別に、デビュー10周年記念盤を10月29日にリリースする加藤ミリヤのスペシャルライブが用意されていたが、同日29日に初のベストアルバムを発売するJASMINEもサプライズで登場。2人のコラボ曲「DRIVE feat. JASMINE」を初披露した。
ミリヤはデビューのきっかけとなったオーディションで実際に歌唱した宇多田ヒカル「Automatic」のカバーも披露し、「13歳の時この曲でオーディションを受け、10年たって同じ曲を、新しい物語が始まるこの場所で歌うことができてとても光栄です」と、当時の自分を思い出しながら語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top