大泉洋、新垣結衣との夫婦役に「オイシイ役でした」

141028sasara13

映画『トワイライト ささらさや』の完成披露試写会が28日、都内で行われ、上映前の舞台挨拶に新垣結衣、大泉洋、中村蒼、小松政夫、富司純子、そして子役の寺田心くんと深川栄洋監督が出席した。


映画は突然の事故で愛する夫を亡くしながらも子育てを通して成長していく女性・サヤと、様々な人に乗り移ることでサヤを助けようとする亡き夫・ユウタロウが紡ぎだす、笑いと優しさに溢れた感動のヒューマンドラマ。

初めての母親役にして、夫を亡くし息子を一人で育てる母親という難しい役どころに挑戦した新垣は「私を知ってくださってる方は、まだ学生服の新垣結衣のほうがイメージしやすいと思うので、ちゃんとそういうふうに見えるかな?っていう不安はあった」と胸の内を明かしつつ、「ストーリーの中でさやが母親として成長していくというお話でもあるので、気負わず、私も撮影が進むにつれて成長していければいいなと思いでやりました」と撮影を振り返った。

新垣の相手役を演じた大泉は登壇するなり「ガッキーが主演の映画ですから、ガッキーに声援で負けるのは仕方ないと思ってましたが、まさか心くんに勝てないとは思わなかった。私だって子どもの頃はあのくらい可愛かった」と悔しそうな表情。
続いて「頑張ります!よろしくお願いします!」と元気いっぱいにあいさつした心くんが大きな声援を受けると「調子に乗るなよ。俺だってそうやってやれば『かわいい』って言われるんだ」と嫉妬心を露わに。「本当は中におじさんが入ってんじゃないかと思う。子どもがこんなにしっかりしてますか?」と訝しがっていた。

大泉は「観ていただければわかりますけど、実は私はそんなに出ておりません。死んでしまうものですから」といって観客を笑わせ、「ただ、乗り移られた方の演技が実に素晴らしいので、本当に私がいるように見えるんです。だからこの映画を観た時の私の印象はすごくいい」といい、「とってもおいしい役でしたね」とニヤリ。さらに今回の仕事を「新垣さんの夫婦役だってだけで受けてしまった。そういった意味でもおいしい役でしたね」と冗談交じりに語って会場の笑いを誘った。
これに対し新垣は「おいしい役だって言ってますけど、ユウタロウというキャラクターを作り上げたのは大泉さんです」と大泉の仕事ぶりに賛辞を送り、「普段からこちらの伝えたいことを汲み取ってくださる方で、撮影シーンは多くないけど夫婦の近い距離感はちゃんと出せたと思います」と満足げに語った。

映画の内容にちなんで「誰かに乗り移るとしたら?」という質問に、新垣は「ヒョウモントカゲモドキを飼っているんですけど、彼女はずっとガラスケースの中にいて、私が鑑賞するためだけにそこにいて、たまに触られて、幸せなのかなっていうのを知りたいので、その子に乗り移りたい」と独特の感性を披露。
次に聞かれた大泉は「あの……すいません、何も考えてませんでした。台本に書いてありました?」と狼狽。言葉に詰まりながら、なんとか「僕は……この……映画の社長に乗り移ってギャラをあげてほしい」と回答。
続いて中村が「父親ですかね。近いけど意外とわからなかったりすることが多い人なので、自分をどう見てるのか知りたい」と答えると、大泉もすかさず「俺も父親……」と便乗。MCから「コメント泥棒」と言われ、肩を落としていた。

映画『トワイライト ささらさや』は11月8日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top