板野友美、AKB卒業後も「冒険中」

141029itano7

歌手の板野友美が29日、現在開催中の第27回東京国際映画祭にて上映されたアニメーション映画『くるみ割り人形』のワールドプレミアイベントに出席した。



本作はサンリオが1979年に公開した同名の人形アニメーション映画を、ハローキティ40周年記念作品として、新たなアニメーションパートなどを加えて3D映像化。有村架純、松坂桃李、広末涼子といった豪華ヴォイスキャストが集結し、増田セバスチャンが監督デビューを飾った話題作。鮮やかな色と音楽に包まれる感動の極彩色ミュージカル・ファンタジー。

ステージに上がった板野は、劇場アニメーション初声優となった本作について「増田監督の色鮮やかな世界観は見ていてすごく楽しい。年齢問わずいろんな方に楽しんでもらえる作品になったと思います。ぜひ劇場で観てほしいです」とアピールした。

141029kurumi4映画の主人公・クララが夢の中で大きな冒険に出るというストーリーにちなみ、「これまでで最も大きな冒険をしたのは?」という質問が振られると、「今現在冒険中だと思う。AKBに入って、卒業したり、ソロになったりとか、AKBの中でもいろいろあったし、これからもたくさんあると思うので、人生そのものが冒険なんじゃないかなと思います」と持論を述べた。

また、「醜い人形がクララにとっては命だった」という本作のテーマにちなんで「自分にとって心から大切だったもの」を聞かれると「家族」と回答し、「辛い時期も支えてくれたし、何があっても相談するので」と説明。
「大切にしている記念日」については「デビュー日ですかね。あんまり日にちにこだわらないので自分の誕生日も忘れがちだけど、ソロデビュー日は覚えてます」と感慨深げに語っていた。

イベントにはほかに有村架純、松坂桃李、藤井隆、安蘭けい、市村正親、増田セバスチャンが出席。映画『くるみ割り人形』は11月29日全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top