関ジャニ・渋谷すばるが傷だらけで歌う『味園ユニバース』予告編完成

味園ユニバース

関ジャニ∞の渋谷すばるが単独初主演する映画『味園ユニバース』の予告編が完成した。


映画は、大阪を舞台に、渋谷演じる“歌うこと”以外すべての記憶を失った男が、あるバンドとそのバンドマネージャーの少女との出会いをきっかけに、過去の自分と向き合い、現在の自分との間で揺れ動きながらも、自身を見つけ出そうとする物語。
渋谷演じる過去を失った男を拾って“ポチ男”と名付け、祖父と暮らす自分の家に住まわせるバンドマネージャーの女を二階堂ふみが演じ、『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』『もらとりあむタマ子』など、オリジナリティ溢れる青春を描くことに定評のある山下敦弘監督がメガホンを握る。

全編大阪ロケで撮影された本作の予告編には、渋谷が傷だらけで「古い日記」を熱唱するカットや、二階堂と感情をぶつけあうシーン、タイトルにもなっている味園(みその)ビルの中に入ったライブ会場「ユニバース」で赤犬メンバーと楽しそうに歌う場面、さらには殴り殴られといったカットまでが入っており、見所満載の内容。
さらに、予告編で流れるのは、渋谷が歌う主題歌「ココロオドレバ」「記憶」の2曲。「ココロオドレバ」はPOPな歌の中にポチ男のココロの変化が見え隠れする本編を語る上で重要な1曲となり、「記憶」は映画全体と向かい合ったアンサーソングで、記憶の中にある葛藤を歌う等身大の1曲。まったく音色の異なる2曲の主題歌が希望と哀調を奏でている。

予告篇は11月1日(土)より、リニューアルする公式ホームページ(misono.gaga.ne.jp)で解禁。
また、11月22日(土)からは、一部を除く全国の上映劇場で『味園ユニバース』特製クリアファイル(A4/全国限定25,000セット)付きムビチケ/劇場前売り鑑賞券の発売開始も予定されている。

映画『味園ユニバース』は2015年2月14日(土)より全国公開。

味園ユニバース



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top