ウーマンラッシュアワーが公開アフレコ 密会騒動の村本に質問集中

141106woman1

お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーが6日、都内で米ドラマ「MAJORCRIMES~重大犯罪課<セカンド・シーズン>」のDVDリリース記念公開アフレコを行った。



本作は米TVドラマシリーズ「クローザー」のスピンオフとして大ヒット中のシリーズ第2作。本格声優初挑戦となるウーマンラッシュアワーの村本大輔と中川パラダイスは、第16話「場違いな被害者」に登場する若者2人組の声を演じる。

アフレコを振り返って、中川パラダイスは「ちょっと間抜けな大学生の役なんですけど、『中川くんはそのままでいいから』って言われて、そのままやったら先生が褒めてくれた」と、はまり役だったよう。「声が特徴的と色んな方から言われていて、やってみたいという気持ちは前々からあった」と中川が明かすと、村本は「でも普段『バイキング』とか出させていただいているんですけど、なかなか喋らないんですよ。今回、アフレコというお仕事をさせていただいて初めて彼の声が聞けましたね」とボケて笑いをとっていた。
また、ドラマについて村本は「1話完結の刑事ものなんです。海外の『こち亀』じゃないけど、途中から見ても面白いし、ありがたい」とアピールした。

先日、一部週刊誌でタレントのベッキーとの密会を報じられた村本は、このイベントが報道後初の公の場。報道陣から矢継ぎ早に質問されると「サンデージャポンとかミヤネ屋とかで何度も話している。井上公造さんがTwitterのダイレクトメールで直接質問してきたりとか、これについて答えまくってる」と辟易した様子。そして「ここで言っても、また違うところで聞かれるのであれば、場所を設けましょう。」と切り出したかと思えば、「12月25日に明治座で『村本の大大大演説』というライブやりますんで、そこで場所を設けましょう」と、ちゃっかり宣伝に切り替えて最後まではぐらかしていた。

DVD「MAJOR CRIMES ~重大犯罪課<セカンド・シーズン>」は11月19日発売。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top