しょこたん初プロデュースのアニソンライブ開催 豪華ゲストによる夢のコラボが実現

_C5A6489

中川翔子が初めてプロデュースするアニソンライブ『中川翔子PRODUCE LIVE「アニソンは人類をつなぐ!」supported by dアニメストア』が16日、東京・Zepp Diver City Tokyoにて開催された。


出演したのは中川が共演を熱望した、ささきいさお、angela、Pile(μ’s)、松本梨香、富永TOMMY弘明、平野綾、田村直美の合計7組。

第1部公演では、angelaがゲストのトップバッターとして登場。「angela Presents/中川翔子」として過去にコラボレーションした『キラキラ-go-round』で、angelaのボーカル・atsukoが、急きょ2日前に覚えたこの曲の振り付けを中川と一緒に披露すると、ファンからは大歓声があがった。
12月3日にソロデビューが決まっているPileはデビュー曲『伝説のFLARE』を歌唱したほか、『ラブライブ!』関連楽曲『Daring!!』で中川とコラボレーションし、フルコーラスバージョンを初披露。
松本梨香は、「ポケモンゲットだぜ!」の決め台詞とともに、自身の代名詞でもある『ポケモン』のメドレーを熱唱。“ポケモン好き”として知られる中川もメドレー3曲目から登場し、会場の熱気は最高潮に達した。
最後のゲスト・富永TOMMY弘明と中川は『ジョジョ〜その血の運命〜』の夢のコラボを、この日会場に来ていた作曲家の田中公平‘先生’に見守られながら披露した。

第2部公演、1人目のゲストは平野綾。中川とのコラボで『God knows…』を披露し、MC中には、平野がサプライズとして、自身が声優を務める『寄生獣 セイの格率』の“ミギー”のぬいぐるみを中川にプレゼント。公私ともに仲の良い2人ならではのステージとなった。
2人目のゲスト・田村直美が『魔法騎士レイアース』の主題歌である『光と影を抱きしめたまま』『ゆずれない願い』を立て続けに歌いあげ、ラストは、ささきいさおが登場。アニソン界の大御所の登場で、会場中のボルテージも一気にヒートアップ。『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』という名曲で会場を魅了した。

また、各公演とも本編最後には、中川翔子が歌うアニメ『ポケットモンスターXY』新EDテーマ『ドリドリ』を披露。大型モニターに、アニメED映像が映し出され、登場人物セレナと「ドリドリダンス」とシンクロさせ、会場のファンと一緒に踊りながら盛り上げた。

アンコール最後には、出演者オールキャストで、第1部は『残酷な天使のテーゼ』、第2部は『宇宙戦艦ヤマト2199』をそれぞれ熱唱。
中川が「アニソンをこのような夢のようなコラボレーションとともに歌うことができて幸せ。夢が詰まったアニソンを次の世代に伝えるためにも、ぜひ第2回も開催できれば嬉しい!」と語ると、会場のファンから大歓声があがり、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top