HKT48、紅白単独初出場に意気込み「戦いに行くつもりで」

141126hkt12

HKT48が12月31日の大晦日に行われる第65回NHK紅白歌合戦に初出場することが26日、東京・渋谷のNHK放送センターで発表され、穴井千尋らメンバー9名が同局で行われた記者会見に出席した。


メンバーの指原莉乃宮脇咲良、兒玉遥、森保まどかは仕事の都合により会見は欠席、一部中継での参加となった。指原は「本当は会見の会場で喜びをみんなで分かち合いたかったんですが、まさか出れると思っていなかったので、本当にスケジュールを取ってもらっていなくて、そちらに伺えなかったのが残念」と肩を落としながらも、「私たちもアーティストの一員として、皆さんと一緒に少しでも紅白を盛り上げることができたら」と笑顔。宮脇は「とても緊張してるんですけども、毎年見ていた紅白に出場できるということで、HKTらしく頑張りたいと思います」と意気込みを述べた。
さらに4人で「私たちのライバルはV6さんです!」と声を揃えて宣言すると、会場のV6・井ノ原快彦が「イエーイ!」と拳を振り上げて応じる一幕も。

141126hkt7AKB48として紅白出場経験のある指原。今回、HKT48としての初出場に「SKE、NMBとそれぞれ姉妹グループが出ているなか、HKTは出場することができていなくて毎回悔しい思いをしていたので、今回はナンバーワン狙っていきたいと思います」と力強いコメント。
HKT48・チームHのキャプテンを務める穴井は「すごくビックリしていて、とても嬉しいです。今まで応援してくださっているファンの皆さんだったり、家族やスタッフさんのおかげなので、恩返しできればいいなと思います」と喜びを語り、「若くて元気なメンバーがいっぱいいるので、どこにも負けないようにフレッシュに、明るくいきたいと思います」とアピール。指原のV6への宣戦布告に共鳴し、「私たちもみんな同じ気持ちで、戦いに行くつもりで臨みたいと思います」と意気込んだ。

HKT48は福岡・博多を拠点に2011年10月に結成。同年11月に劇場公演をスタートし、2013年3月にCDデビュー。今回、HKT48の紅白出場決定により、AKB48グループは国内4グループが揃って出場することとなった。

第65回紅白歌合戦のテーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。大みそかの夜、出演者、司会者、視聴者全員が参加して番組を作り上げようという思いが込められている。
紅組の司会を吉高由里子、白組の司会を5年連続となる嵐が務め、総合司会はNHKの有働由美子アナウンサーが担当。
第65回NHK紅白歌合戦は12月31日(水)、19時15分から23時45分までNHK総合・ラジオ第1にて放送予定。(※途中5分間の中断ニュースあり)

第65回NHK紅白歌合戦
http://www1.nhk.or.jp/kouhaku/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top