清水翔太、楽曲コラボしたプロジェクション・マッピングショーにうっとり「あらためていい曲」

清水翔太が27日、東京ディズニーリゾート内の複合型商業施設「イクスピアリ」にて開催されたプロジェクション・マッピングショー「クリスマス・キャロル・クロック」のオープニングセレモニーにスペシャルゲストとして登場した。


今回上演される「クリスマス・キャロル・クロック」は、清水翔太とコラボレーションしたプロジェクション・マッピングとなっており、時計台を模した建物(クロックタワー)が大きなからくり時計となって動き出す、ファンタジックで心温まるクリスマス物語の映像とともに、清水の新曲「SNOW SMILE」が流れる演出となっている。

清水翔太のカウントダウンでショーがスタートすると、集まった1200人の観客からは感嘆のため息が漏れた。自身の楽曲が取り入れられたショーを観た清水翔太は、「感動しました。自分の曲がこういう形で使われるのは初めての経験ですが、あらためて“いい曲だな”と。(笑)」と自画自賛して会場の笑いを誘った。

会場を移して行われたスペシャルミニライブでは、「冬が終わる前に」と新曲「SNOW SMILE」を披露。
新たなクリスマスの名曲として注目されている「SNOW SMILE」。「冬のワクワクドキドキを表現した楽曲なので、皆さんにとっていいクリスマスを彩る1曲になってくれれば嬉しいです」と語る清水翔太の甘い歌声は、観客にとって一足早いクリスマスプレゼントとなった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top