ヴァイオリン1年間猛特訓の松坂桃李、11億円のストラディヴァリウスを弾く

俳優の松坂桃李が2日、都内で行われた映画『マエストロ!』の完成披露試写会イベントで舞台挨拶を行った。


映画は謎の指揮者と負け組楽団員が巻き起こす笑いと涙の本格的音楽エンタ テインメント。松坂は楽団の中でも指折りの才能をもつ若きヴァイオリニスト・香坂役で主演する。この日の舞台挨拶には松坂のほか、映画初出演となるmiwa、謎の指揮者を演じる西田敏行、小林聖太郎監督も登壇した。

本作のために約1年に渡ってヴァイオリンの特訓をしてきた松坂は「最初はヴァイオリンの難しさがわからない状態だったので、最初に聞いた時はなんか『耳を澄ませば』の天沢聖司みたいでかっこいいなって、そこまで物凄いものだと捉えきれていなかった」と打ち明ける。「練習が始まるにつれて、だんだん口数が減っていくという地獄の日々を過ごしました」と過酷な特訓期間を振り返った。
そんな松坂の姿に小林監督は「自分がやれって言われたら絶対できない。すごいなと思って見てました」と話す。西田も「桃季くんの集中力には本当に感動しました」と絶賛し、「ありきたりの音楽映画じゃないですよ」と、キャストが情熱を注いだ作品をアピールしていた。

141202maestro20イベントではヴァイオリンの王様と呼ばれる、 11億円相当の「ストラディヴァリウス」が登場。実際に弾かせてもらった松坂は「ヴァイオリンから出る振動が体全体に伝わる感じ。弓も若干重みがあって、自分の手で抑えなくても乗せただけでヴァイオリンに吸い寄せられる感覚」と感想を話した。
続いて、その場でプロのヴァイオリニストによる演奏で通常のヴァイオリンと、名器ストラディヴァリウスの聴き比べを実施。演奏後に音の違いがわかったかと問われると、「わかります。音の微妙な繊細さみたいな、響きそのものがものすごい透明感がある感じ。ビックリしました」と、ストラディヴァリウスの奏でる音色に驚いた様子だった。

映画『マエストロ!』は2015年1月31日(土)全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top