覚えておいて損はなし! 2015年、活躍が期待される10代女性タレント25人

2015年、活躍が期待される10代女性タレント25人

今年も残すところあと20日あまり。TOKYO POP LINEでは、来る2015年に活躍すると思われる10代の女性芸能人を独自に選出。ランキング形式で発表する。


対象は生まれが1995年4月2日以降の女優、歌手、モデル、アイドル。記事掲載時点で10代であっても、2015年4月1日までに20歳を迎えるタレント、つまり2014年度成人式世代は含まれない。

それでは、第1位から紹介していこう。

1. 広瀬すず


01広瀬すず1998年生まれ。
女性ファッション誌「Seventeen」専属モデルとして活動を開始したのが2012年。同年にCM初出演を果たすと、翌2013年にはドラマ「幽かな彼女」で女優デビュー。今年5月には結婚情報誌「ゼクシィ」の7代目CMガールに抜擢された。
2015年は1月スタートの日本テレビ系ドラマ「学校のカイダン」での主演と、6月に映画『海街diary』の公開が決まっているほか、2014年末から2015年にかけて行われる第93回全国高等学校サッカー選手権大会の10代目応援マネージャーに就任している。

2. 小松菜奈


03小松菜奈1996年生まれ。
今年、過激なバイオレンスで賛否両論を巻き起こした衝撃作『渇き。』のヒロイン役で鮮烈な女優デビューを飾り、「第39回報知映画賞」新人賞を受賞。CMでは「dビデオ powered by BeeTV」での演技が評価され、「2014 54th ACC CM FESTIVAL」にて演技賞を受賞した。
およそ18歳とは思えないミステリアスかつ可憐な雰囲気は数多くの若手女優のなかでも唯一無二。2015年はヒロインを演じる映画「バクマン。」が公開予定。

3. 橋本愛


02橋本愛1996年生まれ。
2009年、集英社「ミス・セブンティーン」グランプリ受賞。2010年、映画『告白』で注目を集める。2013年、映画『桐島、部活やめるってよ』での演技が評価され、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。若手演技派として同世代の女優たちを一歩リードする存在に。
今年は5月に4年半務めた「Seventeen」専属モデルを卒業、『寄生獣』など4本の出演映画が公開と、本格的に女優業へ舵を切った年だった。
2015年1月に主演映画『ワンダフルワールドエンド』が公開予定。

4. 松井愛莉


04松井愛莉21996年生まれ。
2009年に女性ファッション誌「nicola」のモデルオーディションでグランプリに輝き、同誌専属モデルとしてデビュー。
今年上半期には、ともに美少女タレントの登竜門的存在として注目されている、全国高校サッカー選手権の第9代応援マネージャーと結婚情報誌「ゼクシィ」6代目CMガールを務めた。
8月からはファッション誌「Ray」の専属モデルとしても活躍。現在放送中のテレビドラマ「地獄先生ぬ〜べ〜」に出演中。

5. 橋本環奈(Rev. from DVL)


橋本環奈1999年生まれ。
福岡発のダンスアイドルユニット、Rev.from DVLに所属。2013年、イベント中に撮られた写真がインターネットで広まり、“天使すぎるアイドル”とたちまち話題に。
CMへの起用も目立った2014年。最も検索数が上昇した「Yahoo!検索大賞2014」にも選出された、まさに“今年の顔”とも呼べるタレント。この勢いを来年も継続できるか注目したい。
2015年公開の映画『暗殺教室』に出演。

6. 優希美青


05優希美青1999年生まれ。
2012年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」グランプリ。ピチレモン専属モデル。
今年は話題作『神さまの言うとおり』など3本の映画に出演。キャリアは浅いが今後が期待できる15歳。
2015年は主演映画『でーれーガールズ』を含む2作品の公開がすでに決まっているほか、現在放送中のNHK連続テレビ小説「マッサン」にも年明けから出演。GMT47の小野寺ちゃん役を演じた「あまちゃん」(2013年)に続いての“朝ドラ”出演となる。

7. 吉本実憂(X21)


吉本実憂11996年生まれ。
2012年「第13回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリ。同コンテストのファイナリストで構成された次世代アイドルユニット・X21のリーダーも務める。
今年は日本テレビ「獣医さん、事件ですよ」で連ドラ初出演。さらに大河ドラマ「軍師官兵衛」出演、映画『ゆめはるか』主演など、女優としても着実にステップを踏んだ。2015年は映画『罪の余白』が公開予定。

8. 宮脇咲良(HKT48/AKB48)


07宮脇咲良1998年生まれ。
2011年、福岡・博多を拠点に発足したHKT48に1期メンバーとして加入。2014年2月よりAKB48チームAを兼任。
今年、AKB48の最新シングル「希望的リフレイン」で初めてセンターに抜擢された(渡辺麻友とのWセンター)。
巨大グループを牽引する若きエースとして、今後メディアへの露出が増えることは間違いない。グループでの活躍に加え、2015年は個人での仕事にも期待。

9. 大原櫻子


09大原櫻子1996年生まれ。
2012年末に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン&劇中バンドのボーカルとしてデビュー。
2014年は連ドラ初出演、11月には個人名義での1stシングルをリリースし、第56回レコード大賞新人賞を受賞と、女優・歌手として存在感を放った。
2014年末から2015年にかけて行われる第93回全国高等学校サッカー選手権大会の主題歌を担当する。

10. 生田絵梨花(乃木坂46)


生田絵梨花1997年生まれ。
乃木坂46の最新シングル「何度目の青空か?」でセンターを務める、ドイツ生まれの才女。
2014年は年始に放送された芸能界特技王の頂点を決める特番「TEPPEN 2014」で特技のピアノの腕前を披露、ミュージカル『虹のプレリュード』で舞台初主演を果たすなど、多彩な才能の片鱗を見せつけた。グループの成長とともにさらなる飛躍が期待できる17歳。

11. 石井杏奈(E-girls)


1998年生まれ。E-girlsのメンバーとして活動する一方でドラマ、CMなどに出演し、女優としても頭角を現す。2015年3月放送予定のNHKのドラマ「LIVE! LOVE! SING!〜生きて愛して歌うこと〜」に主演。前後篇2部作で2015年春公開の映画『ソロモンの偽証』にも出演している。秋には映画初主演となる『ガールズ・ステップ』が公開予定。

12. 黒島結菜


1997年生まれ。2013年に出演した「NTTドコモ」のCMで注目を集める。今年は映画『呪怨-終わりの始まり-』やドラマ「アオイホノオ」、現在放送中のTBSドラマ「ごめんね青春!」などに出演。2015年は主演映画『あしたになれば。』をはじめ、『ストロボ・エッジ』など4作品の公開が控えている。

13. 三吉彩花


1996年生まれ。女性ファッション誌「Seventeen」専属モデル。今年はテレビドラマ「ロストデイズ」「GTO」での好演が話題に。モデル、女優としての活動に加え、日本テレビ「メレンゲの気持ち」でレギュラーMCも務めている。

14. 高月彩良


1997年生まれ。アクトレス・シンガー・グループ、bump.yの元メンバー。ドラマや映画にコンスタントに出演中。今年はスタジオジブリ映画『思い出のマーニー』の主人公・杏奈役で声優にも初挑戦。
2015年は映画『ストレイヤーズ・クロニクル』が公開される。

15. 藤井夏恋(Hapiness/E-girls)


1996年生まれ。ガールズパフォーマンスグループ・Hapiness、E-girlsのメンバーであり、女性ファッション誌「JJ」専属モデルとしても活躍する18歳。実姉はFlower、E-girlsの藤井萩花で、美人姉妹として同世代女性の憧れの的に。2015年も引き続き注目。

16. 蒼波純


2001年生まれ。講談社「ミスiD 2014」グランプリ。不思議なオーラの13歳。2015年1月公開の映画『ワンダフルワールドエンド』では橋本愛とW主演。2月公開の『サムライフ』にも出演している。

17. 葵わかな


1998年生まれ。今年7月にアイドルユニット・乙女新党を卒業。女優として映画、ドラマ、CMなどに多数出演。2015年はWOWOW連続ドラマW「翳りゆく夏」に出演。映画『くちびるに歌を』『暗殺教室』『罪の余白』が公開される。

18. 大野いと


1995年生まれ。2011年、映画『高校デビュー』で主演に抜擢され、女優デビュー。以降、映画やドラマにコンスタントに出演している。女性ファッション誌「Seventeen」専属モデルとしても活躍。2015年公開の映画『天の茶助』でヒロインを演じる。

19. 須藤凜々花(NMB48)


1996年生まれ。2013年に行われた「AKB48グループ ドラフト会議」にて第1巡目で3チームから指名を受けた注目株。グループに加入してからもうすぐ1年。個人としての実績はまだないものの、グループ内では強烈な個性を垣間見せており、来年は何か起こしそうな予感を感じさせる存在。

20. 八木アリサ


1995年生まれ。女性ファッション誌「ViVi」専属モデル。大人っぽい雰囲気で同世代の支持を集める19歳。今年7月公開の映画「好きっていいなよ。」で女優デビューを果たした。

21. 杉咲花


1997年生まれ。かつては子役「梶浦花」として活動。今年はドラマや映画『イン・ザ・ヒーロー』に出演。2015年は『繕い裁つ人』『愛を積むひと』の公開が決まっている。

22. 小芝風花


1997年生まれ。2011年、「イオン&オスカープロモーション ガールズオーディション2011」グランプリ。2012年7月、ドラマ「息もできない夏」で女優デビュー。今年、初めて実写映画化された『魔女の宅急便』で主人公・キキ役に抜擢。スクリーンデビューを果たした。2015年1月2日放送のドラマ「大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!」に出演。

23. 平祐奈


1998年生まれ。女優・平愛梨の実妹。今年、映画『紙の月』で宮沢りえ演じる主人公・梅澤梨花の中学生時代を演じた。2015年は主演映画『案山子とラケット~亜季と珠子の夏休み~』が公開される。

24. 上白石萌音


1998年生まれ。2011年、第7回「東宝『シンデレラ』オーディション」審査員特別賞受賞。今年、主演映画『舞妓はレディ』で山路ふみ子映画賞・新人女優賞を受賞した。

25. 新山詩織


1996年生まれ。2012年、「Treasure Hunt 〜ビーイングオーディション2012〜」グランプリ受賞。2013年のメジャーデビュー以降、これまでにシングル5枚とアルバム1枚をリリース。YUI、絢香、miwaに続くシンガー・ソングライターとして注目を集める18歳。

TOKYO POP LINE編集部の独自の分析により、来年の活躍を期待したい25人を選出した今回のランキング。この機会にぜひ、知らなかったタレントの名前も覚えて、2015年のエンタメに触れる際の参考にしていただきたい。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top