乃木坂46・橋本奈々未、地元での主演映画公開に喜び 生駒からサプライズ

乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未の3人が主演する映画『超能力研究部の3人』が6日、公開初日を迎え、都内にて3人と山下敦弘監督による舞台挨拶が行われた。


イベント中、MCから「ある方からメッセージが届いています。スクリーンにご注目ください」と告げられると、聞かされていなかった3人は「誰?」と目を白黒。スクリーンに登場した乃木坂46のメンバー・生駒里奈の口から、本作の秋田と旭川での公開決定が発表された。生駒は「私はこの映画1ミリも出てないんですけど、自分のことのように嬉しい」と地元・秋田での公開を喜んだ。
旭川出身の橋本は「北海道は札幌でしか上映しない予定だったんですよ。親に見せられないんだな、と思ってたんですけど……嬉しいですね」と喜びを噛みしめ、「担任とかにも観てもらいたい」と笑顔だった。

141206nogizaka9初主演映画の公開を迎え、「いつもは朝起きたら『よし、今日アイドルだ』って思うんですけど、今日は起きた瞬間『女優だ』って思った」という秋元。
映画について聞かれると、「いくちゃん(生田)と結構ぶつかるシーンがあるんですけど、元からそんなに仲良くないので、やりやすかったです」といって会場を笑わせた。生田が「だめよ、強がっちゃ」と慌てて否定し、橋本から「こういうのが本当に(ニュースに)使われちゃうからね」と、たしなめられると、「あら、危ないね。実際は本当に仲良すぎて難しかった」と訂正し、フェイク・ドキュメンタリーとなっている本作にちなんで「今もちょこっとずつ皆さんを騙しています」とニッコリ。
秋元との関係について生田は「役で喧嘩したんですけど、実際に喧嘩した後のように仲良くなった」といい、橋本も「撮影の工程が2人と別のことが多くて、私が撮影で2人が撮休のときとか、2人で海辺を散歩したりしていて、『私も海辺を散歩したい』って思いました」と親密な2人を羨ましがっていた。

もうすぐクリスマスということで、どんなクリスマスを過ごしたいか聞かれた3人。
去年はメンバーと3人で過ごしたという秋元は「お仕事がなくてもメンバー誰かとお鍋食べたりとかパーティがしたい」と話し、生田は「オススメとか限定品という言葉に弱いので、“クリスマス限定”と付くものを買い占めたい」と目を輝かせた。
橋本は「23日の握手会がイブイブだから『サンタのコスプレしてよ』って言われているのでやろうと思ってます」といい、さらに「3人でサンタのコスプレをして、どこかの映画館にこの映画を見に行きたい」と計画を明かしていた。

本作は乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」のミュージックビデオを手がけた山下敦弘監督が、同ミュージックビデオの劇中で行われたオーディションで選出した3人を主演に据え、超能力とUFOに真剣に取り組む女子高生たちを描いた青春映画。同時にアイドルである3人が“女優”という新しい側面に向き合い、成長していく姿を映し出すフェイクドキュメンタリーになっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top