セカオワ、石原さとみ、市川海老蔵ら「Yahoo! 検索大賞 2014」受賞 大賞はフィギュア・羽生結弦

「Yahoo! 検索大賞 2014」パーソンカテゴリー受賞者

2014年に検索数が最も上昇した人物、作品、商品を表彰するアワード「Yahoo!検索大賞2014」の発表会が8日、都内で行われ、パーソンカテゴリーで受賞した橋本環奈(Rev. from DVL)、市川海老蔵、日本エレキテル連合、筧美和子、HIKAKINが出席した。



「Yahoo! 検索大賞」は今年新たに創設されたアワードで、その年に検索数が最も上昇した人物、作品、商品を“今年の顔”として表彰するもの。第1回目となる「Yahoo! 検索大賞 2014」は、2014年1月1日から2014年11月1日までのデータをもとに選出された。

パーソンカテゴリー・アイドル部門の橋本環奈は「アイドル部門の栄えある第一回目に選んでいただいてとても光栄です」と挨拶。2015年は「もっともっと新たなことに挑戦していきたい。Rev. from DVLとしては全国ツアーだったり、個人としてはドラマや映画に出演できるように頑張りたいと思います」と抱負を語った。

お笑い芸人部門:日本エレキテル連合お笑い部門に選出された日本エレキテル連合は、お馴染みの“ロボット・朱美ちゃん&中年男・細貝さん”メイクではなく、素顔で登場。理由を尋ねられると「アイドル部門と間違えました」とボケて会場を笑わせてから、「そうじゃなくてですね、『日本エレキテル連合 素顔』と検索されることが多いので、素顔で来てみました」と説明。「どぶろっくさんより検索してくださってありがとうございます」と、あらためてお笑い部門受賞を喜んだ。

頻繁に更新しているブログが注目を集めている市川海老蔵は「受賞の喜びを誰に伝えたいか」と聞かれ、「検索してくださったっていうことはブログを見てる方が多いんじゃないかと思うので、ブログを見てくださっている方々に伝えたいかな」とコメント。

モデル部門の筧美和子は「今年はドラマやJJの専属モデルだったり、やりたいことを初められた年で、来年はもっともっと実力を磨いていけたらなと思います」と意気込みを語った。HIKAKINは「今回受賞された方のリストを見た時に、『僕本当に入ってるんですか?』っていう驚きで、本当に嬉しい限りです」と喜びを口にした。

ミュージシャン部門受賞のSEKAI NO OWARIと、女優部門受賞の石原さとみ、アスリート部門受賞の羽生結弦選手は都合により欠席。

SEKAI NO OWARIはVTRにて「今年はジャンルにこだわらずなんでもやってた感じ」と一年を振り返り、「1月にアルバムを出すのもありますし、さらにいろんなことをしていこう思っていますが、みなさんをあっと言わせるようなことができれば、検索されるでしょうし、頑張っていきたいと思います」と来年の抱負を述べた。
石原さとみも同様にビデオメッセージで、「自分が演じる役について調べたり、家族でハワイ旅行したときもどこを回るか全部ネットで調べてましたね」と普段からネット検索を活用していることを明かし、来年も引き続き「皆さんに注目してもらえて自分の名前が検索してもらえるように、いいお仕事ができるように頑張っていきたいと思います」とコメントを寄せた。

アスリート部門と大賞のW受賞となったフィギュアスケートの羽生結弦選手は、前日7日が20歳の誕生日。VTRでは「少し大人の仲間入りという概念があると思いますが、僕の心の中ではずっと子どものままというか、常に夢を見続けていきたい」と話し、「ただ、生活の面ではしっかり大人になれるように、1日1日ちょっとずつでも頑張っていきたい」とも。
また、普段は「フィギュアスケート 動画 羽生結弦」などで検索していることを明かし、「そういう動画や自分の記事を見ることで、当時の自分の状況がわかったり、当時の自分のフォームを確認するのに役に立っています」とメッセージを寄せた。

なお、この日の発表会では「Yahoo! 検索大賞 2014」の番外編として、検索急上昇No.1ヴァイオリニストの岡部磨知が演奏を披露、同No.1フリーアナウンサーの脊山麻里子が司会を務めた。

Yahoo!検索大賞2014

■パーソンカテゴリー

・大賞:羽生結弦
・アイドル部門:橋本環奈
・ミュージシャン部門:SEKAI NO OWARI
・お笑い芸人部門:日本エレキテル連合
・モデル部門:筧美和子
・スペシャル部門:HIKAKIN
・女優部門:石原さとみ
・俳優部門:市川海老蔵

■カルチャーカテゴリー

・アニメ部門:妖怪ウォッチ
・映画部門:アナと雪の女王
・ゲーム部門:モンスターストライク
・小説部門:ルーズヴェルト・ゲーム
・ドラマ部門:花子とアン

■プロダクトカテゴリー

・飲料部門:アーモンド効果
・お取り寄せ部門:八雲もち
・家電部門:レイコップ
・クルマ部門:ハスラー
・コスメ部門:ルナソル アイシャドウ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top