Flowerが「アニー」日本語吹替版で初の映画主題歌担当 ジャパン・プレミア登壇も

E-girlsの中心メンバーとして活動する7人組ガールズグループ・Flowerが映画『ANNIE / アニー』(2015年1月24日公開)の日本語吹替版テーマソングを担当することが決定した。


本作は先週発表された第72回ゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディ部門の主演女優賞(クワベンジャネ・ウォレス)と主題歌賞にノミネートされた話題作。
Flowerが映画とコラボレーションするのは邦画でも洋画でも過去に例がなく、今回が初めてとなる。

Flower楽曲タイトルは「TOMORROW 〜しあわせの法則〜」。日本は勿論、世界でも圧倒的な認知度を誇る名曲「Tomorrow」を日本語でカヴァー。メインボーカルの鷲尾伶菜が「朝が来れば いいことがある 〜明日は幸せ」と透明感あふれる声で歌い、本作の「どんなにつらいことがあっても上を向いて、明日を信じよう!」という希望のメッセージ、世界感と見事にマッチした楽曲に仕上がっている。
本日12月16日(火)より、着うた(R)/着うたフル(R)ともに楽曲配信もスタートする。

ひと足早く映画を鑑賞し、「本編最後で泣いてしまいました。本当に感動しました!」と語るFlowerのメンバーたち。楽曲について「とても前向きな曲なのでたくさんの方に応援ソングとして聴いて頂けたら嬉しいです!全世界のたくさんの方に届くことを願って私たちも精一杯、盛り上げていきたいと思います!」とコメントしている。

なお、Flowerは来年1月20日(火)に都内で行われる本作のジャパン・プレミアに登壇し、ライブで本楽曲を披露する予定。

Flower 配信楽曲「TOMORROW 〜しあわせの法則〜」

2014年12月16日 配信スタート
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id945331743?at=10lpgB&ct=4547403036923_wn
・レコチョク
http://recochoku.jp/artist/30137788/
・mora
http://mora.jp/artist/109703/all



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top