RIP SLYMEが映画『ミュータント・タートルズ』日本語版テーマソングを担当

『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイのプロデュースにより、まったく新しいアクション・アドベンチャー超大作として生まれ変わる『ミュータント・タートルズ』(2015年2月7日公開)の日本語版テーマソングを、RIP SLYMEが手掛けることが決定した。



RIP SLYME&場面写真今回RIP SLYMEは、本作のラップ曲“Shell Shocked”のオリジナルトラックに、書き下ろしの歌詞をのせて日本語版テーマソング「ナイショデオネガイシマス」を制作。RIP SLYMEがハリウッド映画で書き下ろしのテーマソングを担当するのは初めてで、映画への楽曲提供は2012年『僕達急行 A列車で行こう』の主題歌以来となる。

映画会社は、この楽曲を手掛けてくれるアーティストを探す中で、RIP SLYMEが日本を代表するヒップホップ・アーティストであること、さらには映画の<4人のカメ+1人のネズミの師匠>というタートルズの家族構成が、<4MC+1DJ>というRIP SLYMEの個性豊かな構成と同じであること、そして何よりも、RIP SLYMEのメンバーがまさに映画のミュータント・タートルズのように甲羅よりも固い絆で結ばれていることに共感し、オファーに至ったという。

今回のオファーを受けてRIP SLYMEのメンバーは「至極光栄だった!」と喜び、書き下ろしの歌詞には「どう日本っぽさを出すかを考えました」(ILMARI)、「タートルズは秘密の存在なので、(サビの部分の歌詞を)ナッ、ナッ、ナイショデオネガイシマスに変えました」(RYO-Z)、「自分たちのことかな、と感じました。RIP SLYMEは20年前からやってきて友情があり、タートルズも小さい頃から一緒に育って親密な関係性があって共通点がある」(SU)、「(ヒロインの)エイプリルの距離感でタートルズを応援する立場で書きました。4人(のカメ)と1匹(のネズミの師匠)をイントロデュースできたと思います」(PES)と語る。
すでに映画を観たメンバーは「雪山のシーンがスピード感満載!」「エレベーターでタートルズがビートボックスするシーンがいい!僕らもいつもエレベーターでやってます!(笑)」と大絶賛。

RIP SLYMEが手掛ける日本語版テーマソング「ナイショデオネガイシマス」は、映画『ミュータント・タートルズ』の2015年2月7日の公開に向けて、1月中旬頃よりTV・WEBメディアを中心に様々な宣伝展開の中で起用される。CDリリースおよび配信日程は未定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top