AKB48、オリコン年間シングルTOP5独占&史上初シングルV5

AKB48の「ラブラドール・レトリバー」((5月21日発売)が年間で178.7万枚を売り上げ、19日に発表された「第47回 オリコン年間ランキング 2014」(集計期間:2013/12/23付~2014/12/15付)の「シングルセールス部門」で1位を獲得した。



2位には、売上115.7万枚の「希望的リフレイン」(11月26日発売)が、3位には売上115.4万枚の「前しか向かねえ」(2月26日発売)、4位には売上108.6万枚の「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」(昨年12月11日発売)が、5位には売上105.8万枚の「心のプラカード」(8月27日発売)が入り、AKB48が上位TOP5を独占した。

また、AKB48は2010年の「Beginner」以降、5年連続で年間シングル1位を獲得。「アルバムセールス部門」においても、『次の足跡』(1月22日発売)が104.1万枚で年間1位を獲得しており、AKB48がシングル・アルバムの両ランキングを制した。

「第47回 オリコン年間ランキング 2014」(集計期間:2013/12/23付~2014/12/15付)はCDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、音楽・映像ソフトを販売 している全国約32,000店舗の実売データをもとにオリコンが集計。
シングルセールス部門では6位、7位に嵐の「GUTS!」「Bittersweet」が続き、8位、10位には乃木坂46の「何度目の青空か?」「気づいたら片想い」がランクイン。9位はEXILE TRIBEの「THE REVOLUTION」で、TOP10内を4組のアーティストのみで占めるかたちとなった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top