フィギュア・羽生結弦選手が献血キャンペーンキャラクターに就任

日本赤十字社が2015年1月1日から2月28日までの2カ月にわたり全国で展開する「平成27年はたちの献血キャンペーン」のキャンペーンキャラクターに、フィギュアスケート選手で2014年ソチオリンピック金メダリストの羽生結弦選手が就任した。


はたちの献血キャンペーン_ポスター羽生選手は平成27年1月1日から全国で放映開始されるTVCM「エアボーカル」篇に出演。本日25日よりキャンペーンサイトにて、このCMのメイキング動画やスペシャルインタビューが公開されている。

「今回キャンペーンキャラクターに就任させていただき、献血のことを知る機会ができて本当によかったです」と語る羽生選手。
地元・仙台が震災で大きな被害を受けたが、「日本赤十字社さんの活動をはじめ、多くの方々がボランティアとして集まってくださったり、また、多くの方々が寄付してくださったりしたおかげで、復興しつつあります。 本当に感謝しているのと同時に、たくさんの人が同じ目的に向かって行動することのパワーを感じました」と、実体験から人と人とのつながりに大きな可能性を感じていると話す。
「自分の一部である血液を提供することによって、誰かの命を救うことができる。そんな献血の素晴らしさを知った時に、『じゃあ自分も献血をしてみよう』と一歩を踏み出してもらえればと思います」と同世代へメッセージを送っている。

本キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期の輸血用血液の確保と、医療機関へ安定的に血液製剤を供給するために、新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く国民各層へ献血に対する理解と協力を求めることが目的。

はたちの献血キャンペーン 公式サイト
http://ken-love.jp/hatachi/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top