miwaが「ドラえもん」年忘れスペシャルで声優初挑戦 映画主題歌のコラボ披露も

miwa&ミニ☆ミワズ ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

2014年、放送開始35周年を迎えたテレビアニメ『ドラえもん』。アニバーサリーイヤーをしめくくる年末の1時間スペシャルにシンガーソングライターのmiwaが登場する。


miwaは今回、自身が考案したオリジナルキャラクター“ワーミー”役で声優に初挑戦。
ポロロン星からやって来た、おてんばな女の子・ワーミーはドラえもんに向かって「だれ?このタヌキ!」と無邪気に話しかけたり、デタラメな歌を歌ったり、と大暴れする。
miwaは「小さな頃から慣れ親しんだドラえもんに自分のキャラクターが登場するなんて夢を見てるみたいです」と大喜び。
ワーミーは、今後も番組に登場する予定となっており、ワーミーとドラえもんがにぎやかな掛け合いを見せていく。

2015年3月7日(土)公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』の主題歌を担当するmiwa。
今回の年忘れスペシャルではこの映画の主題歌『360°』を披露。ドラえもん(声・水田わさび)、のび太(声・大原めぐみ)、しずか(声・かかずゆみ)、ジャイアン(声・木村昴)、スネ夫(声・関智一)がコーラスに加わった特別バージョンで放送される。
さらにmiwaそっくり(!?)の双子ユニット“ミニ☆ミワズ”が登場。“マル・マル・モリ・モリ!”で知られる濱田“Peco”美和子が振り付けを担当したという、エアギターをイメージしたキュートなダンスmiwaとともに披露する。
この特別バージョンは、1月からテレビアニメ『ドラえもん』のエンディングにも登場予定。

番組は12月30日(金)午後5:30〜6:30放送。

miwaコメント

今回、主題歌だけでなくオリジナルキャラクターも作らせていただいて感激してます!小さな頃から慣れ親しんだドラえもんに自分のキャラクターが登場するなんて夢を見てるみたいです。
“ワーミー”はギターに乗って飛びまわるポロロン星からやってきたおてんばな女の子という設定。ドラえもんに暴言吐いたりする毒舌キャラです(笑)。名前はデビューしてから先輩ミュージシャンたちが私のこと呼ぶニックネームからつけました。最初意味がわからなかったんですが気に入りまして自分のラジオ番組やブログではずっと「こんばんわーみー」という挨拶から始まるのが定番になってます。今回主題歌の『360°』のレコーディングではわざわざ“ワーミーペダル”というギターの機材を使ったりしました(笑)。
声優は初挑戦だったのでドキドキしましたが楽しかったです。“ワーミー”が弾くギターも私です。アニメと併せて弾く、というのはあんまりない経験だと思います(笑)。
そしてスペシャルバージョンで踊ってくれた“ミニ☆ミワズ”がかわいい!本当の双子ちゃんでこの撮影のためにわざわざ前髪を私にあわせてぱっつんにしてくれました。私も一緒に踊っているのでみんなで楽しく踊ってもらえたらいいなと思います。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top