関ジャニ・渋谷すばる初主演作がロッテルダム国際映画祭へ 「胸を張って行ってきます」

味園ユニバース

『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』の山下敦弘監督が、主演に渋谷すばる、ヒロインに二階堂ふみを迎えて贈る映画『味園ユニバース』(2月14日公開)が、1月21日(現地時間)より開催される第44回ロッテルダム国際映画祭のスペクトラム部門に正式出品されることが決定した。


ロッテルダム国際映画祭は毎年1月下旬から2月上旬にかけて、オランダのロッテルダムで開催される映画の祭典。1972年に第1回が開催されてから、今回の2015年で44回目を迎える。
世界中から新たな才能を発掘し、次々と世界に輩出していることで知られており、近年ではカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭などと並んで最も重要な国際映画祭と位置づけられている。

初主演作が海外映画祭に出品されるという快挙を成し遂げた渋谷は「初めて一人で主演した映画を、遠く離れたオランダの映画祭が招待してくれた事、日本人以外の方々にも見て頂ける事、本当に嬉しく思っています」と喜びのコメント。「山下監督、この映画に携わった全ての方々、応援してくれている方々、全ての方々への感謝を心に、胸を張って、ロッテルダムを感じに行ってきます」と期待に胸を膨らませている。

本作は、大阪を舞台に、渋谷演じる“歌うこと”以外すべての記憶を失った男が、あるバンドとそのバンドマネージャーの少女との出会いをきっかけに、過去の自分と向き合い、現在の自分との間で揺れ動きながらも、自身を見つけ出そうとする物語。

ロッテルダム国際映画祭では現地時間1月22日に公式上映される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top