大久保佳代子がジョニー・デップを誘惑!? 妖艶セレブ美女役で実写声優初挑戦

大久保声優

お笑いタレントの大久保佳代子がジョニー・デップ主演最新作『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』にて日本語吹き替え版の声優を務めることが6日、明らかとなった。


映画はイギリス・オックスフォードを舞台に、何者かに盗まれた幻の名画に隠された秘密をめぐってマフィア・国際テロリスト・警察を巻き込み、イギリス、ロシア、アメリカへと世界中を駆けめぐる争奪戦が繰り広げられる痛快アクション・アドベンチャー超大作。

ジョニー・デップが今回演じるのは、超ナルシストでいかにもインチキくさい、セレブでちょびヒゲの美術商チャーリー・モルデカイ。強運と仲間の力を武器に、名画に隠された秘密をめぐって世界を飛び回る。
大久保は物語の重要な局面で、モルデカイ(ジョニー・デップ)を誘惑するジョージナの声を担当。世界で最も美しい女性100人の上位にもランクインしたオリヴィア・マンが演じているこのキャラクターは、名画を狙う“ヒゲ大好物”でセクシーな謎のセレブ美女。モルデカイを、あの手この手で妖艶に誘惑する役どころに、大久保は「初の実写の声優のお仕事が、こんなセクシー全開の役で嬉しい限りです。本番までに、ワールドワイドなセクシー度をさらにアップさせ挑みたいと思います。」と気合十分。
注目される劇中のセリフは「あたしを食べて」や「触って…バカねそこじゃない、ここよ」など、妖艶さ満載でまさに大久保の真骨頂を遺憾なく発揮できる内容となっている。

『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』は2月6日(金)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top