BABYMETAL、SSAでファン2万人熱狂 6月幕張で過去最大規模のライブ決定

BABYMETALが10日、さいたまスーパーアリーナで新年最初のワンマンライブ「LEGEND “2015” 〜新春キツネ祭り〜」を開催した。


この日は日本全国のみならず海外からのファンも多数集まり、国内外から2万人が新たな展開となる“メタルレジスタンス第3章”の幕開けに熱狂した。

4D2A3468開演時間、大画面に映し出されたのはBABYMETALの2014年の歩み。各国のライブの模様が流れると大歓声が沸き起こった。
巨大なLEDに映し出された棺と共に黒の着物に身を包みキツネのお面をつけてメンバーが登場し、「メギツネ」からライブがスタート。メインステージの正面にかかった朱色の大きな橋をゆっくりと歩き、「新春キツネ祭り」の名の通り日本らしいステージセットの中堂々と現れたメンバー。
「いいね!」やタイトル未定の新曲に続き、次々と展開されていくパフォーマンスに会場はヒートアップ。
後半は「ヘドバンギャー!!」「ギミチョコ!!」とライブの定番の楽曲が演奏され、メンバーもメインステージの左右に広がるブリッジまでかけていき、観客を煽る。暗転すると、英語のナレーションによるストーリームービーが流れ、会場からは大きな歓声が上がると共にアリーナのあちらこちらで大きな円形が作られていく。SU-METALの叫び声と共に巨大なウォールオブデスが沸き起こり「イジメ、ダメ、ゼッタイ」が始まり、会場中でダメジャンプが起こるその様はまさに圧巻。

AL7K9994本編を終えアンコールでは新曲「Road of Resistance」がパフォーマンスされた。公演の数日前に公開されたトレーラーでは世界中のファンから興奮のコメントが殺到していた楽曲で、この日もまさに2万人による大合唱が沸き起こり新たなアンセムソングとして盛り上がりを最高潮にした。

ライブ終了後には6月に幕張メッセ・展示ホールでの過去最大規模の日本公演が決定したことが発表された。公演詳細はオフィシャルサイトで、チケット最速先行はBABYMETALメンバーズサイト – THE ONE -にて後日発表される。

Photo by Taku Fujii / MIYAAKI Shingo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top